Shadowverse

【Shadowers | シャドウバース】Master・GrandMasterランクを目指す方必見!ランクマッチでBP・MPの効率の良い稼ぎ方まとめ

あおいのえ / 2020.09.04

Cygamesが贈る本格スマホカードバトル「Shadowverse(=シャドバ)」。
気軽に全国のプレイヤーと対戦できる手軽さが売りで、その甲斐あって続々と新規プレイヤーも増えてきています。
今回はまず新規プレイヤーが目標とするであろうランクマッチでMaster帯を目指す方、また既にMaster帯ではあるもののなかなかGrandMaster帯に上がることができない方に向けて、効率よくBP・MPを稼いでランクアップするコツを伝授したいと思います!
それでは早速見ていきましょう!

 

ランクマッチで効率よくBPを稼ぐコツ

ランクマッチで効率よくBPを稼ぐためにはどうすれば良いのでしょうか?
この記事では筆者が実際にランクマッチでBPを稼ぐために意識していることをいくつか紹介していきます。

 

強いデッキを使おう

まずは強いデッキを使いましょうということです。
当たり前の話ですが、使うデッキを誤ると全体の勝率に関わってきますので、とても大事なことになります。

自分だけのオリジナルデッキを使いたい!という話も分かりますが、0からオリジナルのデッキを組んで勝つのはなかなかハードルが高いです。
ましてやこのシャドウバースは、相手のターンに妨害することができません。
なので、「自分のデッキの強みを全力で押し付ける」ことが非常に重要であり、この時点でデッキパワーに差があると、どれだけ良いカードを引くことができても、初期セットのパワー差で負けてしまうことになります。

○強いデッキとはどんなデッキか?

それではどのようなデッキが「強い」デッキなのでしょうか。
筆者は、強いデッキにはある程度の「型」があると考えていて、プレイヤー間では「アーキタイプ」と呼ばれています。

シャドウバースは、8人のリーダーの中から1人のリーダーを選び、それぞれ固有で使うことのできる「クラスカード」と、共通して使える「ニュートラルカード」を組み合わせて1つのデッキを組み上げます。
それぞれのクラスには、「こういうプランニングの中でこういう動きをして勝つ」という動きが必ずあります。
その動きをすることを目的としてデッキを組むと強いデッキになりやすいです。

例えば「ロイヤル」を使うとするならば、フォロワーをたくさん並べて一気に押しきる戦法が得意ですので、「序盤はフォロワーを横に並べる、中盤に残っているフォロワーを強化し、終盤に出たターンにすぐ動ける疾走系のカードでゲームフィニッシュを目指す」といったような感じでデッキを組み上げると強いデッキになります。

今こういったロイヤルのデッキは「連携ロイヤル」と呼ばれていますが、この呼称そのものを「アーキタイプ」と言います。
他にも「秘術ウィッチ」や「送葬ネクロマンサー」、「エイラビショップ」などリーダーによってその「型」はたくさんあります。

とは言っても前述の通り、0から自分のデッキを組んで勝つのはなかなかハードルが高いです。
他のカードゲームをやっていた経験がある人ならばまだしも、今までカードゲームをしたことがない人では何と何を組み合わせたら強いのか、まずわからないと思います。

○オススメのデッキの組み方

そこで、オススメのデッキの組み方をご紹介したいと思います。
それはゲーム下部バーより「カード」欄にある「大会上位デッキ紹介」を使うことです。
実際に「大会上位デッキ紹介」を押すと、リーダーごとに直近の「RAGEファイナリスト」のデッキレシピや「プロリーグ参加選手」の使用デッキ、「JCG」などの大会等で結果を残したプレイヤーのデッキを「アーキタイプ」毎に見ることができます。
ここで気になったデッキがあった場合は「デッキコピー」よりそのままデッキ編成画面へと移り、保存することができます。

どのリーダーでも何かしら「強いデッキ」はありますので、ここは自由に決めてもらって大丈夫です。
実際に結果を残している人のデッキをどんどん真似して、どんなカードが、どんなカードの組み合わせが強いのか覚えていきましょう。

 

「対戦数」と「勝率」を意識する

次に、BPを稼ぐために必要な「対戦数」と「勝率」の話をします。

○対戦数

まず「対戦数」ですが、「Beginner0」から「Master」になるには、単純計算で最短でも500連勝の500試合が必要となります。
しかし、あくまでも最短ですので、実際には早くても1000~1500試合あるいはそれ以上かかることもあるかと思います。
「Master」になるまでは連勝した際にボーナスとして50BPほど追加で入ることになっていますので、小さい連勝を重ねていくことでボーナス分の加算も込みで効率よくBPを稼いでいくことになります。

○勝率

では必要な「勝率」はどのくらいでしょうか?

筆者は「勝率6割」つまり「3戦2勝」や「5戦3勝」を意識してランクマッチをしています。
なぜこの「勝率6割」という数字なのかというと、「1勝すると100BP、1敗すると-100BP」というシステムに依存しているからです。
「3戦2勝」を繰り返すと常に100BP増え続けていく計算になり、「5戦3勝」でも「3戦2勝」に比べて速度は落ちますが、同様に常に200BPずつ増えていく計算になります。

ここには連勝ボーナスは含まれていないので、この上に連勝ボーナスが加わるとさらに多くのBPを稼ぐことができます。
この考え方は連勝ボーナスがなくなっても同じようにポイントを稼いで行ける考え方なので、意識するだけでも変わってくると思います。

 

その他、筆者が実際にランクマッチをやる上で意識していること

最後に細かい小技のようなものを紹介します。

前述の「対戦数」と「勝率」の話とは相反しますが、よくMPランキングを走るような人がよく使っている小技で、マリガン(最初の手札の入れ替え)の時点や2~3ターンの序盤で勝つことが難しいと判断した場合、即リタイアして次の対戦を行うというものです。

この行動には「勝率」を犠牲にする代わりに「対戦数」の回転率を早める意図があります。
分かりやすく言うと「負ける時間より勝つ時間を増やす」ということです。

この小技は「ローテーション」より「アンリミテッド」フォーマッドで多く使われます。
なぜかと言うと、「ローテーション」と比べて「アンリミテッド」は1対戦辺りの対戦時間が短いからです。
「ローテーション」でがんばって粘って1勝する間に「アンリミテッド」で2勝することができてしまうほどゲームテンポが速いです。
そのためがんばって粘って負けるくらいなら早急に次の対戦に移り勝った方が勝率が低くともその分多くの対戦数をこなすことになるので、時間当たりのBP増加数が増えることになります。

ランクマッチをしていると10連勝以上できる日もあれば、10連敗してしまった・・・なんて日もあることかと思います。
筆者はリリース当初からこのゲームをプレイし続けていますが、使えるカードが変わっても日によって振れ幅があることは変わらないです。

○ランクマッチをする上で1番大事なのは「とにかく数をこなすこと」

負けると確かに悔しいですが、「運」を伴う対戦ゲームではどんなに最適な行動択を取っていても、どうしても負けてしまうこともあります。
これは仕方がないことなので受け入れましょう。
筆者は「運ゲーを肯定する」と言い聞かせていますが、ランクマッチでは特に賞金があるわけでもなく、とても気楽に対戦を行うことができます。
負けても次がんばろうの精神で行きましょう。
もし、負け続けて気分が落ち込んでしまった時は時間を置いたり、少し休憩して自分のリプレイを確認してどうして負けてしまったのか考えてみるのもオススメです。

また、1日にどれくらいのBPを稼ぐか決めて毎日少しずつやっていくとノルマをこなしていく感じで続けられると思います。
下図は筆者が過去にMPランキング1000位以内報酬を狙った際のメモになります。
左から日付、累計MP、増加MPの順で一月分メモしています。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?
ここまでの話をまとめると、

・大会で結果を残すような強いデッキを真似して使う
・「対戦数」と「勝率」のバランスを考えてやる
・とにかく数をこなす

ということになります。
少しでも参考になったのなら幸いです。

ぜひ、MasterランクやGrandMasterランクを目指してランクマッチで遊んでみてくださいね!

 

公式サイト:https://shadowverse.jp
公式Twitter:https://twitter.com/shadowverse_jp

CATEGORY