PUBG MOBILE

【PUBG MOBILE】FPPモードでマッチングしない件について

ミックラック / 2020.09.06

PUBGモバイルのFPPモードでプレイしようとすると、なかなかマッチングしないと悩みを抱えている人はたくさんいます。
なぜなら、多くの人はFPPではなくTPPで遊んでいるからです。

TPPのほうが画面が見やすく、敵を見つけやすいため、初心者でも楽しめる一面を持ちます。
しかし、FPPは画面が見えにくく、遮蔽物から顔を出さないと周囲を見渡すことができません。
TPPより敵を見つけにくいのがデメリットです。

それでも、FPPをやりたいという人がたくさんいます。
マッチングしないのは悩みの種ですが、実は素早くマッチングする方法があります。
そこで今回、PUBGモバイルのFPPモードでマッチングしない原因と、素早くマッチングする方法について、解説していきます。

 

PUBGモバイルのFPPモードとは?

PUBGモバイルのFPPモードとは「一人称視点」です。
キャラクター視点のまま操作できるのが特徴で、例えるならキャラクターの目が自分の目と一体化しているようなものです。
フリールック(自由視点)で左右に振り向くことはできますが、後方は後ろに振り向かないと確認できません。

障害物や遮蔽物から頭を出さないと、周囲の状況を確認できないだけでなく、頭を出すのでヘッドショットされる危険性も高いです。
逆に言えば、相手も同じ状況下にあるので、相手が頭を出した瞬間に狙撃すれば倒せます。

FPPはTPPと違って臨場感を楽しめるモードです。
臨場感だけでなく、戦場にいるようなリアリティも楽しみたいという人には、FPPモードがおすすめです。

 

TPPモードとは?

TPPモードとは「三人称視点」です。
キャラクターの後ろから第三者の目線で操作するのが特徴となります。
フリールックを操作するとき、360度全体を見渡すことが可能です。
後ろを振り向かなくても、後方を確認できます。

視野が非常に広く見やすいため、多くの人がTPPをプレイしています。
障害物や遮蔽物に隠れながら、頭を出さずに状況も確認できるのがTPPのメリットです。
家の中でイモり、待ち伏せするという戦法を取ることもできます。

PUBGモバイルを楽しみたい、自分は初心者だという人は、PUBGモバイルのTPPがおすすめです。

 

PUBGモバイルのFPPモードでマッチングしない原因とは?

PUBGモバイルのFPPモードで、なかなかマッチングしない原因は主に2つあります。

● FPPモードでプレイする人がもともと少ないから
● 普段からTPPをプレイしているから

その原因をそれぞれ2つ挙げて、理由を含めて解説していきます。


○FPPモードでプレイする人がもともと少ないから

FPPモードでなかなかマッチングしない原因のひとつに、プレイヤーの数が少ないことが挙げられます。
TPPとFPPのマッチングの早さを比較すると、TPPのほうが素早くマッチングできます。

素早くマッチングできるということは、TPPのプレイヤーが多いことを意味します。
FPPでプレイしたい場合は、マッチングされるまで待つしかありません。

KRJPサーバーのほうがプレイ人口は一番少ない

KRJPサーバーはFPPに限らず、TPPでもプレイ人口は一番少ないです。
確かに、KRJPサーバーは通信速度が安定しており、ラグが少ないのが魅力と言えましょう。
しかし、遊ぶ人間がいなければ意味がありません。

日本人がPUBGモバイルをプレイして遊ぶ場合は、アジアサーバーを選ぶことをおすすめします。
アジアサーバーも通信速度が安定しておりラグも少ない、プレイ人口も多いのがメリットです。
もちろん、FPPでプレイする人もいます。

KRJPサーバーではなく、素直にアジアサーバーを選んでプレイしたほうが堅実的です。

○普段からTPPをプレイしているから

自分はTPPとFPPの両方をプレイしているが、TPPのプレイが多いという人がたくさんいます。
TPPのほうが慣れているし、FPPをプレイしようにもマッチングに時間がかかるのが主な理由です。

FPPをプレイしない人が多いということは、その分のマッチングにも時間がかかります。

 

PUBGモバイルのFPPモードで素早くマッチングするには?

PUBGモバイルのFPPモードで素早くマッチングする方法が2つあります。

  • ● 北米サーバーでプレイする
    ● 夜はアジアサーバーでプレイする

サーバーによってマッチングできる早さが異なりますし、時間帯にも関係があります。
FPPモードで素早くマッチングする方法を2つ挙げるだけでなく、その根拠や理由を挙げて、解説していきます。


○北米サーバーでプレイする

北米サーバーに切り替えてFPPモードでプレイしたほうが素早くマッチングできるのがほとんどです。
その理由は、北米サーバーでプレイしているプレイヤーの多くが、FPPモードでプレイしているからです。

海外では、PUBGモバイルをFPPでプレイするのが主流で、TPPでプレイする人のほうが珍しいです。
反対に、日本はFPPではなくTPPでプレイするのが主流となっています。

FPPモードで真剣にかつ遊びたいという人は、北米サーバーでプレイするのがおすすめです。
ただし、北米サーバーはアジアサーバーより通信速度が遅く、ラグがあることを注意しましょう。


○夜はアジアサーバーでプレイする

アジアサーバーでFPPモードをプレイしたいときは、夜の時間帯になるまで待ちます。
なぜなら、日中は学校や仕事などでプレイしていない人が多いからです。
夜になると、学校や仕事を終えて帰宅し、落ち着いたら多くの人がPUBGモバイルをプレイします。

その時間帯を狙ってFPPでプレイすると、マッチングしやすくなります。
アジアサーバーでFPPをプレイしたいときは、夜の時間帯になるまで待ちましょう。

夜になってもKRJPサーバーのマッチング状況は変わらない?

KRJPサーバーはもともとプレイヤー人口が少ないため、夜の時間帯でもマッチング状況はほとんど変わりません。
TPPのマッチングでさえ遅いのに、FPPのマッチングだと、長く待たなければなりません。

PUBGモバイルでプレイするときは、理由がないかぎりはアジアサーバーでプレイしたほうが堅実的です。

 

PUBGモバイルのFPPモードは流行るのか?

PUBGモバイルのFPPモードは流行るのかといえば、正直言って難しいです。
日本国内で定期的にPUBGモバイルの大会が開催されているのですが、TPP限定であるのがほとんどで、FPP限定の大会はあまり見かけません。

反対に、海外で開催されるPUBGモバイルの大会では、FPP限定が多く見かけます。
世界大会のレベルになると、TPPはあり得ないと言っても過言ではありません。

日本ではTPPが主流となっているので、現時点で流行るのは難しいです。
とはいえ、日本でもFPPでプレイする人は増えてきている傾向にあります。
流行るまでにまだまだ時間がかかるというわけです。

 

まとめ

PUBGモバイルのFPPモードで、なかなかマッチングしない件についてまとめました。
確かにFPPは視野が狭く、敵を発見しにくいというデメリットがあります。
PUBGモバイルを始めたばかりの初心者には難しいです。

しかし、FPPは臨場感がある銃撃戦を楽しめるとして、多くのプレイヤーから支持されています。
今までTPPでプレイしていたが、臨場感を求めるためにFPPでプレイするようになったという人もいるほどです。

PUBGモバイルのFPPモードは面白いので、普段からTPPでプレイしている人は是非、FPPで遊んでみてください。

 

公式サイト:https://pubgmobile.jp
公式Twitter:https://twitter.com/PUBGMOBILE_JP

CATEGORY