Shadowverse

【Shadowverse | シャドウバース】JCGオープン大会ってどうやって出るの?大会参加の流れを徹底解説!

あおいのえ / 2020.09.07

Eスポーツの公式ゲームタイトルの1つであるShadowverse(シャドウバース=シャドバ)。
今回はそんな人気タイトルのeSports大会の中でも最も参加しやすく、開催頻度も多いJCG Shadowverse Open大会についてまとめました!
実際にどのような流れで大会が行われているのか早速見ていきましょう!

 

JCG Shadowverse Open大会とは?

JCG Shadowverse Open大会はオンライン大会であるため、普段お使いのスマートフォンやご自宅のPCにShadowverseアプリが入っていれば参加することができます。

フォーマットは「ローテーション」、「アンリミテッド」、「2Pick」の3種類あります。
「ローテーション」、「アンリミテッド」はBO3オープンのトーナメント形式(オープン形式は全ての参加プレイヤーの仕様デッキがあらかじめ公開されている中で対戦する形式)、「2Pick」はBO1トーナメント形式で大会が行われます。

エントリーすると各ブロックの予選トーナメントから大会が始まり、各ブロックの予選トーナメント1位が決勝トーナメント進出。
決勝トーナメントで1位となった選手が優勝となります。
大会に参加すると参加賞としてゲーム内で使用可能なエンブレムを貰うことができます。

気になる上位入賞賞品ですが、各大会上位3位まで賞品が出ます。
それぞれ以下にまとめますのでご覧ください。

◆「ローテーション」及び「アンリミテッド」大会

・優勝 JCG Open優勝称号&レッドエーテル30000個
・準優勝 レッドエーテル10000個
・3位タイ レッドエーテル5000個

◆2Pick大会

・優勝 JCG Open優勝称号&賞金50000円
・準優勝 賞金30000円
・3位タイ 賞金10000円

◆共通参加賞
JCG Openエンブレム

賞金は2Pick大会のみ出ます。
レッドエーテルはゲーム内アイテムで、カードの生成の際に使うものとなります。
シーズンごとに賞品は変わりますので、毎回参加するだけでもエンブレムを集めることができます。
大会の開催頻度も高めで、基本的に週に3回(水・金または土・日)の開催が主ですが、大型の連休中であったり学校の長期休暇中であると連続して開催することもあります。
詳しいスケジュールはJCGShadowverse公式サイトから確認できます。

 

JCG Shadowverse Open大会に参加するためには?

エントリーするためにはまずJCGShadowverse公式サイトより、「新規登録」タブを選択して会員登録をします。
会員登録は無料でできますのでご安心ください。
登録情報としてユーザーネーム、ログインする際に使うメールアドレス、パスワードを登録します。
この会員情報はShadowverseに限らず、JCG大会であれば他のゲームタイトルと共有して使うことができます。
基本情報を入力し送信した後、登録情報で「ログイン」タブよりログインすると会員ページに飛ぶことができます。
会員ページは上記URL先サイトとさほど変わりませんが、「新規登録」、「ログイン」タブの代わりに「マイページ」、「ログアウト」タブが選択できるようになります。

次は「マイページ」タブを選択し、タブ先のサイトで携帯認証、Shadowverse内ゲームID及びゲームネーム、マイデッキを登録します。

携帯認証はお使いの携帯電話番号をフォームに送信すると認証コードが返ってきますので、その認証コードを入力すると完了します。
Shadowverseゲーム内IDはゲーム起動時に画面右下に書いてある9桁の数字を入力します。

ゲームネームは今現在使用しているものと必ず一致するようにします。
後述しますが、Discordの名前もこのゲームネームと必ず一致するようにしましょう。
実際に参加すると分かりますが、このゲームネームが元のトラブルが特に多く発生します。大会を円滑に進めるためにも不備の無いようにしましょうね。

最後にマイデッキ登録ですが、こちらはShadowverseアプリ内のデッキ編成画面からデッキコードを発行、コピーするとスムーズです。


フォーマットごとに登録する必要があるので「ローテーション」、「アンリミテッド」でそれぞれ使用するデッキを最低2つずつ登録しておきましょう。
BO3形式で大会が進行しますのでデッキが2つ必要になります。
ここまで来たらもう少しです。

最後に「Discord」というアプリをインストールして使える状態にしましょう。

「Discord」はゲームをしながら通話することに特化したアプリケーションで、通話だけではなくサーバーを各々作成し、その中で複数のチャット、通話ルームを作成し同時に進行することができるため大会進行をスムーズに進めることができるので、今この「Discord」を用いたeSports大会も数多く開催されています。

スマートフォン、PCどちらでもこのアプリを使うことができるので、お手持ちの端末に合わせてインストールしてください。
インストール後、初期設定を行いますがここで大会に出る際にはDiscordの名前もShadowverse内ゲームネームと必ず同じにします。
大会中に通話をすることはありません。

JCG Shadowverse Open大会もフォーマットごとにDiscordサーバーが用意されていますので、入室しましょう。
このDiscordサーバーで大会が進行していきます。
これで参加準備は完了となります!

 

実際の大会の流れ

それでは実際に大会に参加してみましょう。
公式サイト上部「大会に参加する」バナーもしくは左部大会バナーより大会のエントリー画面に進むことができます。

エントリー画面に進むと「参加登録」タブがありますのでこれを選択します。
先のページにて各参加チェック項目にチェックを入れて、使用するデッキを選んだらエントリーは完了となります。
ここで注意しなければいけないのはこの後大会運営の方で参加者の抽選があり、その後のチェックインをしなければ大会参加することができないということです。
少々ややこしくなってしまいましたが、大会開始時間30分前からスタンバイしていれば基本的に見逃すことはありませんのでご安心ください。
チェックイン自体はエントリー同様「チェックイン」タブを押せば完了します。

大会の進行はDiscordサーバーで行われますので、こちらで運営の指示をよく聞いて試合に臨みましょう。
大会が始まると、JCG公式サイトにてトーナメントが公開されます。
試合の時間はあらかじめ決められているため、基本的にはこの時間に沿って試合を行っていきますが、参加人数によっては多少上下することもありますので運営の指示に従うようにしましょう。
部屋立てはトーナメントの上側の選手が行います。
試合が終わったら運営の指示があるまで待機するといった流れになります。

 

筆者が実際に大会に参加する時にしていること

筆者もJCG Shadowverse Open大会には何度も出場している経験がありますが、デッキ公開性ということもありなかなか勝ち上がるのも難しいと感じています。
というのも、お互いの手の内があらかじめ割れているので「何ターン目に何が来る」、「あのカードはデッキに1枚しか入っていないからもう警戒する必要がない」など普段のゲームプレイよりも遥かに高度な予測が必要となるからです。
ただ、言い方を変えればこれはチャンスで、しっかり相手のデッキを確認しながら戦うことで割り切ったプレイングや強気のプレーに変換できればしっかり勝利に近づくことができます。
これは「RAGE」のGrandFinalやプロリーグのBO5の戦いでも同じことを行っていますので、トッププレイヤーの試合や実況・解説を聞くとより理解が深まることかと思います。
筆者はJCG Openに参加する際には上記のような理由で常に相手のデッキが確認できるようにしています。
PCであれば携帯あるいはウェブページ上で常に確認しながら試合を行うことができますので、PCで大会に参加することを推奨します。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?
これから大会に参加してみようと思っている方やeスポーツ大会がどういうものなのか気になっていた方に少しでも参考となっていただければ幸いです。
数ある公式大会の中でも1番気楽に参加できるJCG Shadowverse Open大会。
ぜひ参加してみてくださいね!

 

公式サイト:https://shadowverse.jp
公式Twitter:https://twitter.com/shadowverse_jp

CATEGORY