Shadowverse

【Shadowverse | シャドウバース】『運命の神々』環境の最強デッキはこれ!新システムとともに解説します!

たらこ / 2020.09.12

「もっと勝利を重ねて早くグランドマスターになりたい」
「他の人が使っている強デッキの秘密を知りたい」
「シンプルに勝ちたい!」

カードゲームにおける勝利への欲求は、どのプレイヤーも持っています。
しかし、誰もが強いデッキが組めるかというとそうでないのも事実です。
プレイングが優秀な人が、優秀なデッキビルダーであるとは限りません。
スキルは十分なのにデッキの組み方がイマイチで、あと一歩のところで勝利を逃してしまう歯がゆい思いをしている人も大勢いることでしょう。

そこで今回は、そんな悔しい思いをしている人のために、今環境でも指折りの強デッキを3タイプ紹介します!
どのタイプも上位のプレイヤー達が好んで使う強デッキなので、ぜひ参考にしてください!

 

第17弾カードパック『Fortune’s Hand / 運命の神々』とは?

『Fortune’s Hand / 運命の神々(FOH)』とは、2020年6月に発売されたシャドウバースの第17弾カードパックの名称です。
同パックでは、タロットカードをモチーフにした特殊デザインの「アルカナカード」が収録されました。

タロットカードでは「正位置」と「逆位置」といったカードをめくった時の向きで意味合いが変化するルールがありますが、アルカナカードにおいてもランダム要素やエンハンスが取り入れられており、タロットカードの「正」と「逆」の2種類の効果を疑似的に再現したカードデザインとなっています。

今環境では、このアルカナカードともに実装された合計97枚のカード達を中心に、多くのタイプのデッキが組まれています。

○新要素「連携」

FOHでは新要素として「連携」が実装されました。
【連携】X;と書かれた能力は、このバトル中に自分の場に出たフォロワーがX体以上なら働きます。
ファンファーレの連携能力を持つフォロワーをプレイした場合、それを含めないフォロワーの数がX体以上の時発動するのが、連携能力です。

参考:シャドウバース公式サイト

 

ローテーション最強デッキはこれ!

さて、ここからはシャドウバース(=シャドバ)におけるメインフォーマット、ローテーションにおける最強デッキを紹介していきます!
上位プレイヤーが使用しているデッキタイプから厳選して選んだものですので、きっとあなたの参考になるはずです。

○秘術ウィッチ

今環境、最強との呼び声が高いデッキタイプが「秘術ウィッチ」です。
元々、強デッキとして有名なデッキタイプでしたがJCGで優勝者が使用していたことから、さらなる注目を浴びました。

■キーカードは「禁約の黒魔術師」

秘術ウィッチでは破壊された土の印の数を参照して大ダメージを与える「禁約の黒魔術師」をキーカードに据え、ゲーム終盤に一気に相手の体力を削りきることを目指します。
全カードの中、唯一0コストでプレイ可能な土の印、「グラウンドサークル」や2コスで土の印を手札に引き込める「境界の魔導士」を上手く組み合わせて、土の印の破壊数を稼いでください。

■充実したドローソース

秘術ウィッチはデッキの特性上、土の印の破壊数を稼ぐ必要がありますから、積極的にカードをプレイしていく必要があります。
そのため、重要になってくるのが、手札の枚数を増やしてくれるドローソースです。
定番の「魔女の大釜」やFOHで追加された強力なドローソース「エクステンドマジック」を使って手札を維持しつつ、土の印をどんどん破壊していきましょう。

■デッキレシピ

・グラウンドサークル×3
・猫の奇術師×3
・知恵の光×2
・エクステンドマジック×3
・魔女の大釜×3
・大地の魔女×2
・境界の魔導士×3
・《愚者》・リンクル×3
・フューチャービジョン×1
・でたらめな結合×3
・真理の魔境×3
・《世界》・ゼルガネイア×2
・猫耳の魔法使い
・キャル×3
・アダマンタイトゴーレム×3
・禁約の黒魔術師×3

 

葬送リアニメイトネクロ

先ほど紹介した、秘術ウィッチと双璧を成す強さを誇るデッキタイプが「葬送リアニメイトネクロ」です。
従来から存在するシステム、葬送とリアニメイトを駆使して盤面を制圧していくのが主な戦法で、シンプルな戦略の中にも場面に応じてどのカードを葬送するのか適切な判断が求められるので、まさに上級者にふさわしいデッキとなっています。

○「《恋人》・ミルティオ」の持つランダム性を制御しよう

「《恋人》・ミルティオ」は、FOHで追加された葬送リアニメイトネクロの中核を成すカードです。
ラストワードで2ドローできる他、プレイ時に葬送を2回した場合はフォロワー2体を場に出せるという途方もないカードパワーを有しています。

しかし場に出るフォロワーの種類はランダム要素が絡んでおり、事前にどのカードを葬送するかプランを練っておかないと、当初イメージしていた盤面とはかけ離れた展開になるでしょう。

なお同カードは、エンハンス9でプレイした場合、葬送能力は発動せず自動で進化します。
進化後能力は、自分のターン終了時にランダムな他のフォロワーを6体破壊しつつ、相手のリーダーの体力を6になるように削るものですので、10ターン目に「デッドメタルスター」をプレイし進化攻撃をすればリーサルを迎えられます。

少しクセがあるカードですが、プレイ方法に慣れれば非常に強大な力を発揮しますので、ぜひ使いこなしてください。

○脇を固めるグッドスタッフ達

前弾からネクロマンサークラスには、「酒呑童子」や「レジェンダリースケルトン」といった、主役級とはいかないまでも戦線を支えるのにひと役買ってくれたグッドスタッフが多数揃っていました。
そして、FOHでは葬送を促すカードがより一層充実したことで、彼らの働きにさらに磨きがかかっています。

「モーターグレイブディガー」や「デッドメタルスター」のエンハンス能力は、「天覇風神・フェイラン」や「冥守の頂点・アイシャ」と相性が良く、ネクロマンスや新要素の連携の係数を高めてくれるのです。

○葬送とリアニメイトのタイミングが勝利へのカギ

葬送とリアニメイトの二つの要素を上手に使うことが、このデッキを使う上での肝となります。
カードのドロー、盤面の維持、リーサルといった多数の要素に複雑に絡み合ってくるため、次ターン以降の展開を読むためのプレイングスキルや、他のデッキタイプに対する知識が必要です。

まずは、プレイ回数を重ねてデッキの回し方を掴んでいきましょう。
回し方を理解してくれば、今環境、最強クラスのデッキタイプですから、力技で相手をねじ伏せることもできますし、葬送とリアニメイトを高次元で組み合わせた頭脳戦を味わうこともできますよ。

○デッキレシピ

・百鬼夜行×3
・レジェンダリースケルトン×3
・モーターグレイブディガー×3
・カーニバルネクロマンサー×3
・ハングリースラッシュ×3
・不可侵の死霊・ヘリオ×2
・スピリットキュレーター×3
・天覇風神・フェイラン×3
・冥守の頂点・アイシャ×1
・酒呑童子×1
・フェイタルオーダー×3
・《恋人》・ミルティオ×3
・幽暗の墓守×3
・征伐の死帝×3
・デッドメタルスター×3

 

エイラビショップ

エイラビショップは、非常に長い期間にわたって愛され続けているビショップを代表するデッキタイプです。
このデッキはリーダーを回復することで、並べた自軍のフォロワーを強化できる「エイラの祈祷」を戦術の核に据えています。
盤面の取り合いを主としたスタンダードな戦法をとりますから、ゲームの初心者でも扱いを理解しやすいのでオススメです。

○エイラの祈祷を場に出そう!

上でも書いたとおり、このデッキではエイラの祈祷が戦術の要となります。
まずはエイラの祈祷を場に出すことを最優先とし、マリガンをしていきましょう。

○2ターン目に出せるフォロワーが少ないのが弱点!克服するためには?

エイラビショップでは2コス以下のフォロワーを多数採用しているものの、ファンファーレで回復につなげるカードが多いため、2ターン目では温存しておきたいカードが多数存在します。

この弱点を克服するために採用されているのが「エンジェルラット」です。
エンジェルラットは2コスフォロワーの標準的なステータスを持つ他、ファンファーレで疾走を付与させることができるため終盤になっても腐りません。

序盤の攻防戦と終盤で接戦になった際のリーサルへのカギは、エンジェルラットが握っていると言っても過言ではないのです。

○鉄壁の防御性能を持つ「聖なる守り手・ユカリ」

今環境では、「《世界》・ゼルガネイア」を筆頭にカードの能力によって強力なダメージを叩き出すデッキが増加しました。

そこで前環境よりも、より一層注目を浴びることとなったのが「聖なる守り手・ユカリ」です。
本来、終盤に出したいカードですが上位プレイヤーの中には、初手から手札に引き込みユニオンバーストの値を小さくする人もいます。

このカードの使い方次第では、相手のリーサルのタイミングをずらし逆転勝利に持ち込める展開もあるので、必ず使いこなせるようになりましょう。

○デッキレシピ

・温情のラビットヒーラー×2
・黄金の鐘×3
・機械腕の祈り手×3
・エンジェルラット×3
・剛健の翼人×3
・平等なる裁き×2
・ワンダーコック×3
・聖なる守り手・ユカリ×3
・ピラータートル×3
・伝道の司祭・ロレーナ×3
・聖弓の使い手・クルト×2
・清純なる祈り・エイラ×3
・堕落の決意×2
・《世界》・ゼルガネイア×2
・聖なるアルミラージ・ジャスティー×3

 

公式サイト:https://shadowverse.jp
公式Twitter:https://twitter.com/shadowverse_jp

CATEGORY