Shadowverse

【Shadowverse | シャドウバース】強くなりたいならアマチュアチームに所属しよう!

あおいのえ / 2020.10.14

今回はShadowverseのアマチュアチームについて、所属するメリットや実際に行われている活動などを踏まえて、実際にとあるアマチュアチームに所属していた経緯のある筆者の私が紹介していきたいと思います!
それでは早速見ていきましょう!

 

アマチュアチームとは

アマチュアチームとはTwitterなどのSNSを中心として情報交換や練習、構築相談などをお互いにやり取りするために一般のプレイヤーが集まってできたグループになります。

場所によっては「窓」と呼ばれていたりしますが、意味合いや実際に中で行われていることは同じになります。
スポーツなどでいうクラブチームなどをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

このアマチュアチームは現在のShadowverseプロリーグが誕生する以前からいくつも存在しており、現在実際にプロシーンで活躍している多くの選手の方も、経歴を辿ればどこかしらのアマチュアチームに所属していたなんてことも決して珍しいことではありません。

筆者の私が所属していたチームからもRAGEファイナリストを輩出した実績もありますし、このアマチュアチームを通じて大型大会で結果を残し、プロ入りするなんてこともありますので所属することには大きな意味があることかと思います。

そんなアマチュアチームでは実際にどんな活動が行われているのか、入るためにはどうすればよいか、次項以降で解説していきます。

 

実際に行われている活動について

アマチュアチームでよく行われている活動について詳しく解説していきます。

チームによってどこに力を入れているかはチームによって異なるので、実際にそのチームの人に話を聞いてみると内情が分かるのでオススメです。

とはいえどこのチームも活動内容は大体同じですので、チームを選ぶ際にはそのチームの雰囲気も重要になったりします。
eSportsとはいえ、ゲームですのでまずは楽しくプレーしたいですね。

それでは順に説明していきます。

情報交換

まずは何と言っても情報交換でしょう。
新規カードの情報は公式サイトなどですぐに手に入っても実際に使ったらどうなるか?や、使ってみたら思ったより弱かった、逆に思ったより強かったなどといった直感的感想を共有できる場所は限られてきます。

アマチュアチームであれば、他のプレイヤーと直感的な感想を共有することができますし、ここで得た情報を踏まえて自分のデッキを改良していければより良いデッキも構築しやすいです。

テンプレートな構築はあくまでも基盤になりますので、細かい部分はこの情報交換の場や後述する練習、調整によって練り上げられていきます。

また、他にもランクマッチで連勝したデッキの共有、アーキタイプ間での相性の話や、BO3での戦い、大会参加後の環境の様子などの情報も交換できますので、シーンごとに合わせてほしい情報も得やすいことがアマチュアチームの利点でもあることかと思います。

BO3練習・内戦

基本的にShadowverseはランクマッチに潜りBPを稼ぎランクを上げていくといった遊び方がメインになってきますが、この遊び方だけだとBO1の練習はできても大会シーンで必須となるBO3の練習ができません。

アマチュアチームに所属できれば、チーム内のメンバーと気楽にルームマッチを行えるのでBO3の練習にも困ることはありません。

また、筆者の私も実際に行っていたのですが、ルームマッチで2人対戦する人とその試合を観戦する人を1人以上用意して、Discordなどのアプリケーションを用いて通話しながら「この場面だとどうするのがよいか」などの議論をすることが1番の練習になります。

この練習の良い点は試合をしているプレイヤーだけではなく、観戦に参加しているプレイヤーも一緒に考える分実際に試合をするのと同等の経験値を得られることにあると思います。
練習する時間も限られてきますのでなるべく効率よく練習していきたいですね。

また、アマチュアチームは10数人で構成されていることが多いのですが、定期的に「内戦」という形でチーム内でトーナメントやブロックを組んで模擬戦をすることもあります。
公式戦も度々行われていますが、数をこなして大会慣れするためにも内戦はかなり有効だと思います。

構築相談・デッキ調整

前述してきたものと繋がりますが、構築相談やデッキ調整も行うことができます。

BO3練習の際に共有した情報などを元にデッキを改良、そして練習で試してまた改良・・・といった流れで自分のデッキをどんどん強くすることができます。

さらには、細かい枚数調整として「ある対面に対して1枚でも刺しておけば優位に立ち回れるから」や「少しでも動きに安定感を持たせるための潤滑油的な役割を持たせたいから」などといった調整にもここから繋がっていきます。

ここまでくると発想力がカギになってきますが、周りは同じような志を持って集まった仲間であるので有益な意見を貰うことができるかと思います。

シャドバにおいても情報戦は必須で、「周りには知られていないけど、実はこのカードを入れると強い」といった情報が必ずあります。
そういった情報もアマチュアチームであれば共有することができます。

 

アマチュアチームの入り方・選び方

それではそんなアマチュアチームに入るためにはどうしたら良いのでしょうか?

アマチュアチームに入るためには大きく2種類あります。
それは「自薦」と「公募」です。

「自薦」はTwitterにあります各種アマチュアチームのアカウントに直接DMで入りたい旨を伝える方法、「公募」は同じくアマチュアチームのアカウントでなおかつ、定期的にメンバーの募集を行っているチームにDMで入りたい旨を伝える方法になります。

「自薦」の場合いつでもDMを送れば大丈夫なのですが、チーム自体が新しいメンバーを欲していないことも多々あるので、メンバー募集を行っている「公募」の時にDMを送る方がチームに入りやすいかと思います。

また、チームの選び方の基準として外部アプリではありますが「Ratings for Shadowverse」のランクイン掲載チーム一覧に表示されるようなチームは特にBO3に力を入れているところなので、本当に強くなりたい方はこの中からチームを選ぶことが得策です。

また、ここまで強くなりたい方向けにアマチュアチームについて綴ってきましたが、「そんなにガッツリやりたいわけでもないけど、一緒にShadowverseを遊べる仲間が欲しい」という方にもチームはオススメです。

アマチュアチームと一概に言っても大会シーンを意識してしっかりやっているところもあれば、のんびりとワイワイやっているようなチームもありますので、自分が活動していきたい雰囲気のチームを探すのが何よりも大事になります。

筆者の私も把握できないくらい本当に数多くのアマチュアチームが存在していますので、自分にあったアマチュアチームを探してみましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
今のレベルよりも上のレベルを目指したい方、一緒に遊べる仲間を増やしたい方両方にアマチュアチームはオススメとなっていますのでぜひお気に入りのチームを見つけて皆様で盛り上がってくださいね!!

CATEGORY