FORTNITE

【FORTNITE | フォートナイト】脱・初心者! 絶対に覚えるべき鉄板テクニック&コツ

RDX.press / 2020.10.23

フォートナイト(Fortnite)を始めたけどなかなか勝てない!
もっともっと上手くなりたい!
そんな悩みを抱えているあなたのために、フォートナイトで絶対に覚えておくべき必修テクニックをまとめました!

強くなりたい人は是非見てみてください!

 

関連記事
【FORTNITE | フォートナイト】初心者ならまず知っておきたい!勝つためのコツと基礎知識

【FORTNITE | フォートナイト】これで脱・初心者! 応用知識とシーンごとの対処法

 

初心者にオススメ降下ポイント ベスト5

フォートナイトにおいて、まず最初に頭を悩ませるのが、マップのどこに降り立つかということです。
敵が多くいそうなエリアは論外だし、かといって戦闘を極力避けるために僻地に降り立つとストームにやられてしまう可能性もあります。

そこで筆者は、ソロ1,000マッチ以上の様々なデータを集め、初心者がビクトリーロイヤルに近づくために、おすすめの降下ポイントを解析してみました!
筆者の独断と偏見ですが、参考になれば幸いです。

 

オススメ降下ポイント①:ウェザー・ステーション

雪山の上にある施設。
建材は少ないですがアイテムは比較的多く、アサルトライフルやショットガン、回復薬など必要最低限のアイテムはここだけで手に入ります。

そして何よりもチョッパー(ヘリコプター)が手に入るのが嬉しい。
意外とライバルが少ないので落ち着いて装備を整えられます。
良くも悪くも見通しが良いので、上級者らしき人に遭遇したら一目散に逃げましょう。


オススメ降下ポイント②:ザ・フォーティーラ

筆者にとって「良い降下場所」とは、選択肢の多い場所ではないかと考えます。
その点でいえば、ザ・フォーティーラは最適ではないでしょうか。
ザ・フォーティーラは入り組んだ建物や水中など隠れる場所が多いので、戦いやすいし隠れやすいし逃げやすい。

そして、船が多いので他の島にも移動しやすく、ストームもあまり恐くありません。
難点としてはサメとヘンチマンがいること。

 


オススメ降下ポイント③:リテイル・ローの北の湖

宝箱は少ないですが釣りでカバーできます。
そういった意味ではク・インダストリーズの北の湖も同様ですが、後者は若干ライバルが多い気がします。
周囲には木や丘など、身を隠しやすい場所が多いので装備が整うまでは上手く地形を利用しながら進めましょう。


オススメ降下ポイント④:スラーピー・スワンプの東にあるダム

見晴らしがよく索敵しやすいので、とにかく戦闘を避けたい方はここがオススメです。
絶好の釣りポイントでもあるので、釣竿を持っていたらなおGOODです。


オススメ降下ポイント⑤:ウィーピング・ウッズ

建材と宝箱が豊富。
ウィーピング・ウッズの中でも、大きな家に降りるのがオススメです。
武器はほとんど揃えることができ、安置移動もしやすいですがライバルも多いので要注意。


初期降下場所からの移動のタイミング

武器を揃えながら、同時に建材の収集も同時に行いましょう。
場所にもよりますが、木を250前後、石と金属は100前後を目安にすると良いでしょう。
少しづつ移動しながら、合計木材500、石材200、金属400ほど集めたところで安置移動を開始します。

武器や建材が揃わないうちに負けてしまうことは避けたいので、はじめは人が行かなさそうな場所を選びましょう。
フォートナイトは最後の1人を目指すゲームなので、不要な戦闘を避けるということも大事です。

 

初心者におすすめの武器

筆者のおすすめはアサルトライフル、ポンプショットガン、サブマシンガン、回復アイテムの構成です。
遠距離ではアサルトライフルで体力を削り、近距離戦ではポンプショットガンやサブマシンガンに持ち替えて倒すという立ち回りが基本形になるかと思います。

スナイパーライフルを入手したときは出来るだけキープしたいので、筆者の場合はショットガンと交換することが多いです。

途中でシールドポーションを拾った場合は、一旦持ち替えてシールドポーションを上限まで使い切りましょう。
そのあとで再び武器に持ち替えればOKです。

また、安置までの距離によって構成を変えることもあります。
安置までの距離が遠い場合は生存可能性を高めるために、武器と入れ替えてでも包帯や医療キットを多めに持つ事もあります。

 

ストームから逃れるときに注意すべきこと

ストームが迫っているときは戦闘は避ける

ストームがすぐそこまで迫っている状態でのバトルは非常にリスクが大きいです。
そのため、敵が自分に気づいていようといまいと、まずは安置を目指しましょう。
安置で敵を待ち構えていた方が有利に戦えますよ。

筆者はジャンプしながら前後左右に敵がいないか索敵しながら安置へ向かうようにしています。

敵が好戦的で執拗に追ってきたとしても、安全地帯へ向かうことが最優先。
建築しながら移動し、どうにかやり過ごそう。
ただ、序盤のストームはダメージが少ないため、回復アイテムに余裕がある場合は応戦しても良いでしょう。
ストームが迫っているときは敵より早く安全地帯へたどり着き、態勢を整えておくことを意識しよう。

 

安置に到着したら真っ先に建築を優先

安置に到着したらついつい安心してしまいがちですが、先に安置に着いていた敵から狙われるリスクが高いので、すぐ建築できるように意識しています。
「安置に入ったらまずは建築」と覚えておきましょう。

このときの注意点として、木で建築してしまうと、アサルトライフル等ですぐ壊されてしまうリスクがあるので、石や金属で建築するようにしましょう。
敵を警戒するときは、屋根を編集モードにすると周りが見やすくなって、敵がいても対応しやすいので覚えておくと一歩差をつけられます。

 

こんなときどうする? 敵と遭遇した場合の立ち回り方

初心者がよく悩んでしまうシーンごとの対処方法をご紹介。
それぞれのシーンでどのような行動、立ち回りをすると良いのか参考にしてみよう。


①移動中に敵と遭遇したとき

ストームが迫ってきていない状態で移動中、敵と遭遇してしまった。
そんなときは敵の様子を注意深く観察しよう。

・明らかに相手は自分に気づいているなら
建築を活用して相手の攻撃に備えよう。
建築しつつ武器のリロードなどして迎え撃つ準備を素早く済ませるとGOOD。

・全く気づいておらず警戒もしていないなら
態勢を整えたうえで奇襲をかけよう。
万全の状態でない場合は無理に戦わなくてOK。

・気づいていないが警戒しているなら
態勢を整えたうえで、相手の隙を窺いつつ距離を詰めよう。
自分が万全の状態でなければ、無理に追わずやり過ごそう。

・ストームが迫っているなか敵と遭遇したとき
ストームがすぐそこまで迫っている状態でのバトルはリスクが大きい。
そのため、敵が自分に気づいていようといまいと、まずは安全地帯を目指そう。
安全地帯で敵を待ち構えていた方が有利に戦えますよ。

敵が好戦的で執拗に追ってきたとしても、安全地帯へ向かうことが最優先。
建築しながら移動し、どうにかやり過ごそう。
ただ、序盤のストームはダメージが少ないため、回復アイテムに余裕がある場合は応戦しても良いでしょう。
ストームが迫っているときは敵より早く安全地帯へたどり着き、態勢を整えておくことを意識しよう。


②敵同士が戦闘しているのに出くわしたとき

とにかくまずは様子を窺おう。
奇襲をかけるとしたら勝敗が決まった直後が狙い目です。
激しい撃ち合いほど、敵は多くのダメージを負っているもの。
勝負がつき、回復して態勢を整えなおす前に奇襲をかけるのがベストです。
ただ、他のプレイヤーも同じタイミングで狙っていることがあるため、周りも注意しつつ実行しよう。


③敵から攻撃を受けたが場所を特定できないとき

いきなりどこからか撃たれ負傷することがありますよね。
「え、敵どこ?」と周りを探す前に、撃たれた方向に壁を作ろう。
建築をすることで次の狙撃を防げます。

また、その場にとどまらず移動しよう。
同じ場所に居続ければ良い的になるうえに、すぐに敵がやってくることも。
ジャンプ移動や移動しながらの建築を駆使して、身を隠しやすい場所を確保。
そして、態勢を整えることが大切です。


④同じ建物なかで敵の足音がするとき

建物のなかを漁っているとき、ふと自分のものではない足音に気づくときがありますよね。
もし気づいたときはすぐに、しゃがんで忍び足の移動に切替えます。
そして、足音を注意深く聞いて敵の居場所を特定するのです。

特定した後は以下の3つからどう行動するか考えよう!

・襲撃しに行く
・身を潜めて敵が出ていくのを待つ
・建物から退避する

敵を特定後の対処は手持ちの武器や弾、シールド、体力の残りなどを考えて決めます。
接近戦に向いている武器を持っていない場合は戦いを避けるのが得策です。
ショットガンやサブマシンガンがあるのなら有利に戦えますよ。

また、敵の動きが自分を探し回っているのかどうかも重要です。
余力があるなら身を潜めて待ち伏せ作戦が有効でしょう。
余力がないときは早めに建物から脱出し、別の場所で態勢を整えよう。

 

まとめ

脱・初心者のためには、最適な降下場所の選定と武器の選別、最低限の建築が重要

フォートナイト初心者を脱して中級者へとレベルアップするには、マップ選定や自分に合った武器やアイテムに対する理解、最低限の建築ができるようになるといった点が重要になってきそうです。
プロプレイヤーの言葉をヒントに自分なりに考えて行動することで、ビクトリーロイヤルに一歩一歩近づいていきましょう。

CATEGORY