Call of Duty

【Call of Duty】CoDでエイムが上手くなるためのコツとは? おすすめの練習方法も解説!

RDX.press / 2020.10.23

Call of Duty(CoD)を楽しむために最も必要なスキルの一つがエイム力、つまり素早く相手に照準を合わせ、正確に弾を当てる技術です。

あらゆるFPSにおいて重要な能力であり、CoDシリーズを通じて重要視されるこの技術ですが、練習次第で十分に満足できるレベルのエイム力を身につけることができます。

今回はCoDシリーズに共通して通用するエイムのコツや、おすすめのエイム練習方法についてご紹介していきます!

 

CoDにおいてエイム力が重要な理由

まず、そもそもCoDにおいてエイム力が重要な理由はどういうところにあるのかを見ていきましょう。

どれだけ敵を倒せるかが重要なゲームであるため

CoDにおいてエイム力が重要なのは、そもそもこのゲームが敵を倒すことでスコアを獲得する、あるいは有利な状況を作り出すことができるためです。

ひとえにシューティングゲームと言っても、そのゲームにおける至上の目的は様々です。

例えば『スプラトゥーン』などはシューター作品の多様性を象徴する作品の一つと言え、メインのゲームルールである「ナワバリバトル」においては、どれだけ地面を着色して陣地を広げられるかが勝敗を決します。

しかし、CoDにおいてはどれだけ敵を倒せるかが重要視されるルールが目立ちます。
例えばFFA(フリーフォーオール)やTDM(チームデスマッチ)などは、敵を倒した数がそのままスコアとなり、目標値へ先にたどり着いた方が勝ちというルールになっています。

あるいはDOM(ドミネーション)なども、敵を倒すことそのものはスコアに影響しませんが、旗を獲得するためには相手委の防衛戦を突破する必要があります。

いずれにせよ、敵を倒さなければゲームを有利に進めることはできないのが、CoDというゲームです。

武器の性能を最大限に活かす技術であるため

エイム力を身につけることで、武器の強みをしっかりと引き出すことができるようになります。

どれだけ武器の性能が優れていても、しっかりと弾を当てなければその強みを生かし切ることはできません。
当たり前ですが、武器の良し悪しを把握するためにはまずエイム力を身につける必要があります。

また、しっかりと狙いを定めて撃つ技術を習得していなければ、武器の性能を知ることもままならないものです。
キルまでの時間がどれくらいかかるかなどは、しっかりと命中させなければ推し量ることはできません。

武器の性能の違いを楽しめるのも、CoDの魅力の一つです。
様々な武器を使いこなせるようになるためには、まず基本的なエイム力を身につける必要があります。

 

エイム力を身につけるためのコツ

ここで、エイム力を身につけるために最低限押さえておきたいコツについてご紹介します。
今日からすぐに実践することができる技術ばかりですので、しっかりと意識して取り組んでみましょう。

視点の中央に注目する

一つ目は、視点の中央を常に捉え続ける意識を持つことです。

実際にプレイしていると分かるように、銃口が向いている先は常に画面の中央となっています。
どこが中央であるかはドットによって表されているため、ドットを意識することで銃口の先を意識することができます。

狙いがいまひとつ上手く付けられない原因の一つに、銃口がどちらに向いているかの意識ができていないというものがあります。

漫然と画面を眺めていると、どれだけ注意深く索敵を行っていても、いざ銃を撃ち始める際にエイムは微妙にぶれてしまいます。
なぜなら、現在どこに銃口が向いているかが体感で理解できておらず、どれくらい銃口を動かせば相手にぴったり合うかがわからないためです。

そこで、あらかじめ目を画面の中央へ常に注意をやっておくことで、自然とエイムが相手に吸い付くようになっていきます。

精度に優れる武器を使う

正確なエイムを実現するためには、精度に優れ、反動の少ない武器を使うことも重要です。

ブレのない武器は優秀な性能を発揮しますが、大抵の場合威力に難があったり、弾数が少なかったりと言った欠点を持ち合わせています。
しかし、ブレのない武器で正確にエイムを合わせる癖をつけておかなければ、エイム力をきちんと身につけることはできません。

また、反動の大きな武器は適当に撃っていれば当たるという悪習慣を身につけてしまうことにもなりかねないため、初心者のうちは使用を控えることをおすすめします。

 

CoDでエイム力を身につけるための練習方法

ここで、CoDでしっかりとエイム力を身につけるための練習方法についてもご紹介しておきます。

プライベートマッチの有効活用

CoDは公開マッチだけでなく、フレンド同士やeスポーツの場で使われるプライベートマッチを、練習場として使用することができます。

エイム力を身につける上でもプライベートマッチは有効で、botを出現させてひたすら射的の的にするという、いわゆる「BOT撃ち」に活用すると良いでしょう。
BOT撃ちの設定は簡単で、以下の3つの手順で行うことができます。

①小型のマップを選択する
②BOT設定を行う(難易度は最低、人数は5〜6人)
③上記のコツを意識してひたすら射撃

まず、小型マップをBOT撃ちに選ぶ理由ですが、これはBOTが自由に行動して、すぐに見つけられなくなってしまうことを防ぐためです。

かと言って、Shipmentのようにあまりに小型すぎるマップを選んでしまうと、今度は接敵の間隔が短くなり過ぎてしまい、落ち着いて練習ができなくなります。
程よいサイズのマップを選択し、実践的な射撃環境を手に入れましょう。

2つ目のBOT設定についてですが、これは落ち着いてエイムして撃つ、というルーティンを落ち着いて身につけるための設定です。

実践さながらの緊張感を得ようとBOTの難易度を高くするのは構いませんが、あまり初期からそれを始めると、変なエイムの癖がついてしまう可能性もあるので、おすすめはしません。

あくまで正しく照準を合わせる練習として、BOT撃ちは活用しましょう。

公開マッチ前のBOT撃ちを習慣化

 BOT撃ちは単体で使用するのも良いのですが、できれば公開マッチへ飛び込む前の肩慣らしとして、習慣的に行うと良いでしょう。

BOT撃ちを公開マッチ前に行っておくことで、エイムの感覚をきちんと掴み、落ち着いてマッチに臨むことができるようになります。
これを習慣化するとかなり戦績にも影響してくることが徐々に体感でも分かるようになってくるため、積極的に取り入れることをおすすめします。

気合を入れて今日は1000体BOTを撃つ!という練習方法も構いませんが、あくまでもBOTはBOTであるため、実践とは立ち回りはまるで異なります。

今回は紹介しませんが、CoDはエイム力だけでなく、どう立ち回るかが重要なゲームでもあります。BOT撃ちと公開マッチのバランスを考えながら、練習に励みましょう。

 

おわりに

CoDがシンプルながらも奥が深いゲームとされる理由の一つに、エイム力の鍛錬が挙げられるでしょう。
どれだけ立ち回りで優っていても、エイム力一つで形勢が逆転したり、勝負が決まったりすることも珍しくありません。

日々の練習でコツを掴み、吸い付くようなエイムを手に入れていきましょう。

CATEGORY