ウイイレ 2021

【ウイイレ2021 攻略】ドリブルが上手くなる! 初心者がすべき5つのこと

RDX.press / 2020.10.24

ウイイレ2021の他の記事はこちら




ウイイレでドリブルで崩して点を入れるのは、なんとも言え難い快感があります。
だからこそ初心者も早くドリブルが上手くなって、ドリブルで崩して点を取りたいと思うはず。

しかし、そう甘くはありません。

ウイイレのドリブルは基本的に難しく、様々なテクニックがあるので、上級者ですらすべてのテクニックを使いこなすことができません。
そうは言っても、やっぱりドリブルは使ってみたいですよね。

そこで今回は初心者がドリブルを上手くなるために、まずすべきことを紹介していきます。
紹介する知識を頭に入れて試合をすれば、ドリブルで点を取ることができるでしょう。

 

ドリブルが上手くなるコツ①:ダッシュドリブルを使わない

初心者がドリブルをする時やってしまいがちなのが「ダッシュドリブル(R1ボタン+Lスティック)」です。

かなり昔のウイイレであれば、ダッシュドリブルだけで面白いくらいに抜くことができましたが、最新のウイイレではダッシュドリブルはほとんど使う機会がありません。

中盤や敵陣付近で1対1するときは球離れが激しすぎるため、確実にディフェンスに取られます。
サイドもなるべくなら使うべきではありません。
ボールが思ってるより足元から離れてしまうのです。

使ったところで何もいいことがありませんので、ダッシュドリブルは絶対に使わないと肝に銘じておきましょう。

 

ドリブルが上手くなるコツ②:ドリブルが上手い選手に持たせよう

前提条件として重要になってくるのは、ドリブルが上手い選手にドリブルをさせることです。
最新作だとネイマールなどが挙げられるでしょうか。

間違ってもディフェンスラインの選手に中盤までドリブルをさせようなんて思ってはいけません。
基本的にはディフェンスラインの選手はドリブルが上手くありませんからね。

昨今のフォーメーションにおいてドリブルが上手い選手は、中盤よりもウィングに配置されることが多いです。
どの選手がドリブルが上手いのかよく分からないのであれば、とりあえずウィングの選手にボールを預けてドリブルしてみて下さい。

そして斜めから敵陣のペナルティーエリア内に切り込んでいくように進むと効果的です。

 

ドリブルが上手くなるコツ③:フィネスドリブルを使うべきタイミングで使う

ウイイレ2021にはフィネスドリブルと呼ばれるテクニックがあります。

やり方としては非常に簡単。
左スティックを使うだけです。

通常のドリブルに比べて繊細なボールタッチになり、より細かな動きができるようになります。
ウイイレ2021はフィネスドリブルが非常に強力で、他のドリブルテクニックを使わなくても初心者はこれで十分と言えるほど。

試しに弱いコンピューターを相手にフィネスドリブルものを使ってみてください。
1対1の対面なら、フィネスドリブルですんなり抜けるはずです(詳しいの抜き方については、この後解説します)。

ただ、すべての移動をフィネスドリブルにするのはあまりお勧めできません。
先ほど紹介したように、ドリブルが上手い前線の選手にボールが渡ったときにフィネスドリブルを使うべきです。

自陣付近のボランチやディフェンスラインの選手がボールを持っているときはフィネスドリブルは避けましょう。
ドリブルテクニックがある前線の選手に比べて、明らかにボールタッチ数が多く、細かなドリブルができません。

ディフェンス陣はあまりボールを持たずに、なるべく早く前線の選手にパスを渡して下さい。

ドリブルが上手くなるコツ④:フィネスドリブルは体の向きを意識するのが大事

フィネスドリブルを使ったら、初心者でも1対1で抜くことができます。
相手ディフェンスが固まっているなら、一気に2人抜きも可能です。

どうやってフィネスドリブル抜くのかと言うと、体の向きを意識するのが大事になります。
簡単に言えば、ディフェンダーが居るところに体を向けないようにドリブルすればいいだけ。

例えば自分から見て左側にディフェンダーがいるのであれば右側にドリブルをします(スティックを傾けます)。
鬼ごっこのように相手ディフェンダーに当たらないよう避けていく、とイメージすればわかりやすいでしょうか。

とりあえずクネクネするだけでもOK

「そんなこと言われても初心者にとっては難しい」という方は、とりあえずフィネスドリブルでくねくねするだけでも大丈夫です。
敵陣に向けてまっすぐ進むのであれば、スティックを斜め左・斜め右と繰り返せば、それっぽいドリブルができます。
初心者相手であれば止めることができませんし、難易度の低いコンピューターであれば面白い位にフェイントにかかってくれます。

なお、くねくねするときはすぐにスティックを倒し続けるのではなく、多少ゆっくり倒すのがコツです。
あまりに早くくねくねしすぎると、選手がそのスティック操作に対応しきれません。特にドリブルが上手ではない選手はその傾向が見られます。

だからこそ、くねくねでフィネスドリブルを使う時は気持ちゆっくりでスティックを倒してあげるようにしてください。

ドリブルが上手くなるコツ⑤:ペナルティエリア内もフィネスドリブル

ペナルティーエリア付近に入ったら、なぜかびびってしまってミドルシュートを打ったり、微妙なパスを出してしまいがち。

しかし、フィネスドリブルをある程度身につけたのであれば、臆せずペナルティーエリア内に切り込んでみてください。
うまくいけば自分の前に立ちふさがるディフェンダーを全て抜き、キーパーと1対1にもっていくことができます。

またペナルティーエリア内でフィネスドリブルをしていると、相手ディフェンダーがファールをしてくれることも。
つまりPKを獲得できるというわけ。

中級者以下の戦いであればペナルティーエリア内のフィネスドリブルはかなり脅威になります。
積極的に使っていきましょう。

ウイイレ2021の他の記事はこちら

 

まとめ

今回はドリブルがまだそこまで上手くない初心者に向けて、知っておいてほしい知識を紹介しました。
初心者に意識して欲しいドリブルのポイントをまとめると、以下のようになります。

① ダッシュドリブルを使わない
② ドリブルがうまい選手にもたせよう
③ フィネスドリブルを使うべきタイミングで使う
④ フィネスは体の向きを意識するのが大事
⑤ ペナルティエリア内もフィネスドリブル

これらを意識するだけで初心者や弱いコンピューターであればドリブルで崩すことができるでしょう。
そして「ドリブルのおかげで点が取れた」と言う成功体験を得ることができるはず。

成功体験を積むことによって、さらに上のドリブルテクニックを身に付けたいと思うことでしょう。
ウイイレには今回紹介しきれなかった初心者お断りのドリブルテクニックがまだまだあります。

もっと上手くなりたい、フィネスドリブルだけではもう満足できないと言う方は、ぜひいろんなテクニックにチャレンジしてみてください。
そのためにもまずはドリブルで崩して点を取る体験を早いうちにしておくべきです。

「ドリブルが上手い選手でフィネスドリブルを使って崩す」

これだけを意識して確実に実行できるようにしてみて下さい。
絶対に点が取れるはずです。

CATEGORY