FORTNITE

【FORTNITE | フォートナイト】建築が上手くなる! 攻撃を防ぐ技術とコツを解説!

RDX.press / 2020.10.25

フォートナイト(FORTNITE)では建築は非常に重要な要素となっています。
建築で壁や階段などを作って遮蔽物を設置することで、バトルで有利に運ぶことができるので、建築が上手くなればそれだけビクロイに近づくことができます。

しかし、建築に苦手意識を持ったプレイヤーも少なくないのではないでしょうか?
特に初心者は、攻撃を受けているにも関わらず建築をしないケースも多々見受けられます。
本記事では、そんなにプレイヤーのために建築を使った防御のテクニック&コツを紹介します!

是非参考にしてみてください!

 

建築をする3つのメリット

敵とバトルになった際、やみくもに攻撃してもなかなか思うように倒せません。
やはり勝敗を分ける鍵は建築であり、過酷なバトルロイヤルを生き残るには必須のテクニックと言っても過言ではありません。

建築のメリット①:攻撃を防ぐ

自分と敵の間に壁や階段などを造って遮蔽物を設置することで、相手の攻撃を防ぎつつどう対処するか考える時間を稼ぐことができます。

建築のメリット②:一旦冷静になれる

敵の攻撃を受けると、初心者のうちはアワアワしてしまい、冷静な対処ができなくなってしまいます。
壁なり階段なりを建築して一旦防御することで、落ち着いて対処できるようになります。

建築のメリット③:選択肢が多くなる

一旦防御に回ることにより、応戦するのか一時退散するのか、それとも回復して体制を整えるのか、選択肢を大幅に増やすことができます。
バトルロイヤルでは選択肢が多いと生き残れる確率が高くなるので、それだけでも建築がいかに重要かが分かると思います。

 

建築を用いた防御のテクニック・コツ

ここからは具体的に建築で防御をするテクニックやコツをみていきましょう!

①攻撃されたらすぐに壁を作る

敵から攻撃を受けたら無闇に反撃せず、まずは「壁」を建てて敵の視線を遮りましょう。
また、ジャンプしながら建築することで敵からの攻撃をズラすこともできます。

②壁の次は「階段」を造る

相手より高さで優位を生み出すことで、敵を視認しやすくなり反撃も容易になります。

③階段を登ってこられたら「床」を造る

「床」は思っているよりも厄介で、相手としては床を壊さないとこちらには来れませんが、かといって床を壊すと狙い撃ちされるのではないかという不安が付き纏うので、一瞬の迷いが生じます。

この「一瞬」はこちらとしては非常に有益で、一旦落ち着いてリロードや回復に時間を割いたり、更なる建築を行うこともできますので、壁 → 階段ときたら次は「床」を選択肢の一つに加えておきましょう。

 

状況に応じて建築を編集する

建築できるようになったら、次は編集にチャレンジしてみましょう。
建築と編集が自在にできるようになると、ビクロイはグッと近づきますよ!

①壁を1マス編集して窓にする

壁を造ったら、真ん中のマスを編集して窓を開けてみましょう。
すると、自分は比較的安全な場所から敵を攻撃することが可能となります。
このとき、窓の正面に立っていると敵からの攻撃も受けやすいため、少し左右にズレて撃つようにしましょう。

②ナナメ編集して攻撃しやすくする

上方向から三角形の形にマスを編集するテクニックもオススメです。

ナナメ編集は文字通り壁をナナメに削って、より攻撃しやすくる建築テクニックです。
広い範囲に渡って身を守れるため、相手からの攻撃は当たりにくいので、落ち着いて自分のタイミングでジャンプして敵を狙うことができます。

 

建築のコツ

①建材は木か石がオススメ

鉄の建材は非常に頑丈ですが建築スピードが遅いので、バトルには不向きだと言わざるを得ないでしょう。
バトル中の建築は何よりもスピードが求められるので、建築スピードが最速の木や、建築スピードと耐久度のバランスが取れた石がおすすめです。

②建築モードで移動しよう

敵に見つかった場合、真っ先に行うことは建築なので、いつ攻撃を受けても瞬時に建築できるよう建築モードで壁を選択してから移動しましょう。

 

まとめ

今回は建築による防御をテーマに書きましたが如何でしたでしょうか?
バトルロイヤルで最も重要なのは「キル数」ではなく「生き残ること」なので、まずは建築で防御することを習得しましょう。
建築さえ最適にできるようになればビクロイは後からついてくると言っても過言ではないでしょう。

 

公式サイト:https://www.epicgames.com/fortnite/ja
公式Twitter:https://twitter.com/FortniteGame

CATEGORY