Call of Duty

【Call of Duty】スナイパーライフル講座:効果的な練習方法や意識すべきことを徹底解説!

池田勇斗 / 2020.11.13

「スナイパーライフルの効果的な練習方法が知りたい!」
「スナイパーライフルを上手く使えるようになりたい!」

今回はそんなお悩みにお答えしていきます。

本記事では、スナイパーライフルの効果的な練習方法や、クロスヘアやセンタリング意識などについて解説します。
ご紹介する方法でしっかりと練習することで、少しずつスナイパーライフルを使いこなせるようになれます。

スナイパーライフルは、難易度が高い分上手く扱えるようになった時の見返りも多く、なにより使っていて非常に楽しい武器なのでぜひ練習してみてください!

CoD歴8年の筆者が、これまでの経験から分かったスナイパーライフルについてのすべての知識・技術をご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください!

関連記事
【Call of Duty】エイムが上手くなる! BOT撃ちの効果的なやり方と設定

 

スナイパーライフルについての基本知識

Call of Dutyのスナイパーライフルは一発の威力が非常に高い遠距離武器の一種ですが、スナイパーライフルといっても多くの種類があり、それぞれ違った特性を持っています。

例えば、Call of Duty:Warzoneには4つのスナイパーライフルが存在し、コッキングが必要なく連射性に優れる代わりに一発の威力が低いDragunovや、連射性が低い代わりに全距離一発キルできるHDRなどがあります。
自分の好みにあったスナイパーライフルを練習しましょう!

また、スナイパーライフルは主に遠距離で活躍する武器なので、体の大部分を隠しながら撃てるような強力なポジションを覚えておくことが大切です。
射線意識をもって、行動するようにしましょう。

 

スナイパーライフルの撃ち方の種類

スナイパーライフルには、状況に応じて使用する三つの撃ち方があります。
すべて状況次第では使用する撃ち方なのでそれぞれ解説します。

クイックショット

QSと呼ばれる撃ち方で、敵を発見したらエイムボタンを押し、素早く照準を定め射撃する方法です。
主に近距離から中距離で使用します。

クイックショットのメリットは、作品によっては近距離レンジでのSMGにすら撃ち勝てることです。
非常に強力な分、難易度が高く繊細なエイム力と射線管理が必要となります。

置きエイム

事前に敵が集まりやすいところを覗いておき射撃する方法で、主に中〜遠距離で使用します。

置きエイムのメリットは、遠距離で戦闘するため倒される可能性が低いことです。
常に体を隠しながら撃てるような強力なポジションで撃つことで、被弾することは少なくなります。

その反面、敵の集まりやすいポジションや自分が留まる強力なポジションを知っておかなければならないため、マップ知識が重要となります。

腰撃ち

腰撃ちとは、スコープを覗かずに射撃する方法です。

Call of Dutyでは、クロスヘアと呼ばれる画面中央に表示される枠内のどこかにランダムで弾が飛んでいく仕様となっており、スナイパーライフルはクロスヘアが非常に大きく設定されているので、腰撃ちで射撃してもほとんど当たりません。

ではどのように使うのかというと、アタッチメントを腰撃ちに特化させ完全にスコープを覗かなくてもほとんどエイムした時と変わらないほどにクロスヘアを小さくするときに使います。

ちなみに、クロスヘアはエイムする過程で少しずつ縮小するので、多少エイムボタンを押すだけでも、腰撃ちが当たりやすくなりますよ!

 

効果的な練習方法(Warzoneの場合)

Call of Duty:Warzoneでのスナイパーライフルの効果的な練習方法をご紹介します。
結論を先に答えてしまうと、「Plunder」で強力なポジションを探しどんどん敵を倒していくことです。詳しく解説していきます。

ゲームモードは「Plunder」がおすすめ

「Plunder」を選択する理由は、ロードアウトから練習したい武器を自由に選択でき、更に倒された後も復活できるからです。

一方、「BATTLE ROYALE」の場合は、敵に一度倒されると終了してしまう上に、使いたい武器を必ず使えるわけではないため効率的に練習が出来ません。
そのため、ゲームモードは「Plunder」が良いでしょう。

練習できるのは主に置きエイムです

Warzoneはマップが広大なため、遠距離射撃が主になりますので置きエイムの練習が主に出来ます。
積極的に高所を取り、敵を探して上から撃ち下ろしましょう!純粋なエイム力が鍛えられますので、エイムに自信がない方は、ぜひ「Plunder」で練習してみてください。

 

効果的な練習方法(マルチプレイの場合)

マルチプレイでの効果的な練習方法をご紹介します。
マルチプレイの場合は、すべてのスナイパーライフルの撃ち方を練習できますので、それぞれの練習方法を詳しく解説していきます。

クイックショット、腰撃ちの場合

ゲームモードは、「Free for All」を選択し、どんどん前に出て敵を探し近距離から中距離での戦闘を繰り返すのがおすすめです。
「Free for All」を選択する理由は、接敵する頻度が高いため練習しやすいからです。

臨機応変に頭出しなどの強力なポジションを使えるとさらに上手くなります。
とにかく数をこなす気持ちで、積極的に戦闘しましょう!

繰り返すうちにキャラクターコントロールが上昇し、思いのままにキャラクターを操作できるようになります。
そうなればクイックショットも当てやすくなりますので、繰り返し練習しましょう。

置きエイムの場合

ゲームモードは、「Team Death Mach」を選択し、射線が通っているポジションから狙っていきましょう。
「Team Death Mach」はミニマップから敵の位置を把握しやすいので、置きエイムの練習に向いています。

遠距離でも射線が通る強力なポジションをいくつか覚えて、そこをとるように意識すると良いでしょう。
慣れてきたら、少しマップの中央寄りに移動して敵の前線組を撃つ練習をするとよりチームに貢献できるようになります。

 

意識するとスナイパーライフルが当たりやすくなる2つのポイント

意識しておくと良いポイントが2つありますので、それぞれ解説していきます。

センタリング意識

普通に射撃する場合は、照準を敵に合わせることを意識すると思います。
しかし、それだと敵も動くので当てるのが難しいです。

そこで提案する方法が「画面中央に敵を収める」意識を持つことです。
照準は画面の真ん中にありますので自然と敵に弾が当たるようになります。

なかなか意識しづらいと感じる方は、画面中央付近に何かしらの印をつけて練習すると良いでしょう。
この意識の違いだけで不思議と当たるようになるので、ぜひ一度試してみてください!

自分に合った感度を使うこと

スナイパーライフルを使うプレイヤーの実況動画などを見て、それに憧れてスナイパーライフルを使い始める方が多いと思いますが、多くのスナイパーライフルを使う実況者が高感度プレイヤーであるため、はじめから高い感度設定でプレイされる方がいます。

しかし、はじめから高感度でスナイパーライフルにチャレンジするのはおすすめしません。
感度設定は人によって違って当たり前のものなので、扱えない感度でプレイしても振り回されてしまうからです。

もちろん高感度への憧れから挑戦するのは良いと思いますが、自分に合った感度設定のほうがスナイパーライフルは当てやすくなります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
本記事では、スナイパーライフルの効果的な練習方法や意識すべきポイントなどについて解説してきました。

スナイパーライフルは、色々な使い方のできる非常に面白い武器なのでぜひ一度挑戦してみてください!
本記事が、少しでもご参考になれば幸いです。

CATEGORY