Shadowverse

【Shadowverse | シャドウバース 攻略】ナーフ後の覇権デッキはこれ! ローテ環境を勝ち進む強デッキ3選!

たらこ / 2020.11.18




2020年10月下旬、シャドバではナーフが実行されゲームバランスに運営の手が加えられました。

ナーフが加えられたのは「守護ビショップ」や、後述する「グレモリーネクロ」を構成している主要カード、そして複数のデッキに採用され強さを存分に発揮していた「《世界》・ゼルガネイア」です。

これまでランクマッチを席捲していたカードが弱体化されたことで、環境にはどんな変化が生じているのでしょうか。
そこで今回は、ナーフ後における強デッキを3つ紹介していきます。

関連記事
【Shadowverse | シャドウバース】ナーフ後の新生グレモリーネクロが激アツ! 気鋭の最新デッキを徹底解説!

 

デッキ紹介

1. 進化ロイヤル

進化ロイヤルは、進化した回数を参照し、その回数に応じた追加効果を発動するカードを多数採用しているデッキです。

通常、進化回数は先攻なら2回、後攻であれば3回までというルールですが、進化ロイヤルでは「無敗の剣聖・カゲミツ」を筆頭にEPを消費せずとも進化できるフォロワーがたくさんいるため、安定して進化回数を稼ぐことができます。

デッキレシピ

  • 無敗の剣聖・カゲミツ×3
    ラミエル×3
    ペインレスサムライ×3
    オネストシーフ×3
    動乱商人・イルスミナ×1
    分身の術×2
    シールドフォーメーション×3
    猛然たる騎士・ゲルト×3
    堕落の決意×3
    戦争商人・アルヤスカ×2
    カースドクイーン・ナハト・ナハト×3
    煌剣の戦士・アンリエット×3
    白銀の閃き・エミリア×3
    リジェネレーター・ラインハルト×1
    《世界》・ゼルガネイア×2
    君臨する猛虎×2

基本戦術

進化ロイヤルの基本戦術は、盤面で相手とつばぜり合いをしつつ進化回数を稼ぎ、最終的に強力な追加効果を発動させることです。

序盤から中盤にかけては、最新パック「レヴィールの旋風」で実装された「カースドクイーン・ナハト・ナハト」や、前環境からロイヤルの強さを支えている「戦争商人・アルヤスカ」などを使い、進化回数を稼ぎながら盤面を掌握してください。

終盤の有力なフィニッシャーは、無敗の剣聖・カゲミツや・《世界》・ゼルガネイアです。
これらのカードに「君臨する猛虎」で疾走を付与し、バフをかけて相手のライフを削り切りましょう。

キーカード

無敗の剣聖・カゲミツ

上でも書いたとおりですが、無敗の剣聖・カゲミツは、このデッキにおけるフィニッシャー候補となるカードです。

進化回数を重ねれば終盤で強力な一撃を繰り出してくれる他、突進も持っているため、序盤から中盤にかけてのつゆ払いの役目も担えます。

さらに、一度倒されても再び場に出る能力がありますから「破壊された自分のフォロワー」の数が稼ぎやすく、君臨する猛虎とも好相性です。

序盤から終盤までいつでも出番があるカードですので、マリガンでは優先して獲得していきましょう。


カースドクイーン・ナハト・ナハト

カースドクイーン・ナハト・ナハトは、盤面処理能力に特化した一枚です。

ランダムとは言え、相手フォロワーに3点のダメージを与える進化後能力や、強力な除去カードである「タイラントオーダー」をファンファーレで手札に加える能力を持っています。

エンハンスで使用した場合は6コスで自動進化ができますので、序盤では温存して中盤以降の盤面争いに投入するのがオススメです。

2. グレモリーネクロ

グレモリーネクロでは「死期を視るもの・グレモリー」の能力を使用し、強力なフォロワーを一気に多数展開させます。

序盤の盤面争いは苦手ですが、終盤では「トリニティモンスターズ」を1ターンに4体も出せる非常にダイナミックな試合展開に持ち込めます。

先日のナーフによりトリニティモンスターズが弱体化されましたが、研究が進み「デスブリンガー」採用型の新しいデッキへと進化しました。

デッキレシピ

  • コープスドッグ×1
  • 百鬼夜行×3
  • レジェンダリースケルトン×3
  • モーターグレイブディガー×3
  • 死期を視るもの・グレモリー×3
  • カーニバルネクロマンサー×3
  • ハングリースラッシュ×3
  • ワンダーコック×2
  • 王墓の骸×3
  • 大ツルハシの骸×2
  • フェイタルオーダー×3
  • トリニティモンスターズ×3
  • 冥界への霊道×2
  • イグジストソード・ギルト×3
  • デスブリンガー×3

基本戦術

上述のとおり、グレモリーネクロでは、死期を視るもの・グレモリーの能力を使い大型フォロワーの大量展開を狙います。

序盤は、「ハングリースラッシュ」で相手のフォロワーを倒すなどして乗り切りましょう。

中盤以降はフェイタルオーダーなどで、あらかじめ葬送しておいたデスブリンガーを一時的に場に出し、相手のフォロワーの除去をしつつ終盤につなげます。

7ターン目以降、死期を視るもの・グレモリーの能力が発動したら勝利は目前です。
彼女が登場するタイミングに合わせて「冥界への霊道」を設置しておけば、一気にリーサルに持ち込むことも不可能ではありません。

キーカード

死期を視るもの・グレモリー

死期を視るもの・グレモリーは、条件を満たすことでネクロマンスとPPの大量使用を可能にするフォロワーです。

彼女の能力を早期に発動させるためにも、ドローソースを積極的に使うなどして、序盤からどんどん墓地を増やしましょう。


トリニティモンスターズ

トリニティモンスターズは、終盤における盤面の制圧とフィニッシャーの両方を担う、本デッキの重要なカードです。

先日のナーフによりスタッツとバーンダメージが減少してしまいましたが、死期を視るもの・グレモリーと織りなす圧倒的な強さのコンボは健在で、いまだ目が離せません。


デスブリンガー

デスブリンガーは、ナーフ後の環境でより一層、注目を集めるようになった一枚です。

このカードをフェイタルオーダーなどで場に出し、相手のフォロワーの除去とこちらのリーダーの回復を同時に行って、長丁場を戦い抜くためのリソースを生み出しましょう。

3. コントロールネメシス

コントロールネメシスは。「カプセルホムンクルス」と「ラグナアウェイク」、そして「ディメンションドミネーター」の3枚を用いてOTKを狙うコンボデッキです。

ナーフ後の環境にマッチしているとあって、11月に入ってから徐々に使用者が増えており注目度が高まっています。

デッキレシピ

  • カプセルホムンクルス×3
  • コンセントレイト×3
  • ストレイホロウ・イルガンノ×3
  • アーティファクトの同調×3
  • 機器による設計×3
  • ラミエル×3
  • 浄化の輝き・ミュニエ×2
  • ラグナアウェイク×3
  • ラブソングシンガー×2
  • 《運命の輪》・スロース×3
  • パペットボックス×3
  • ディメンションドミネーター×3
  • 《世界》・ゼルガネイア×3
  • カイザーインサイト×3

基本戦術

コントロールネメシスには、複数の勝ち筋が存在しますが、基本的に以下の手順でOTKを目指します。

1. カプセルホムンクルスにディメンションドミネーターのファンファーレ効果を付与する。
2. さらに、ディメンションドミネーターを進化させ、自分のリーダーに同カードの進化効果を付与する。

こうすることでカプセルホムンクルスをプレイしたターンの終了時、PP3を確保できるようになる

3. ラグナアウェイクをプレイし、「破壊を齎す者・ヴィズヤ」をチョイスする。
4.PP9の状態でカプセルホムンクルスと破壊を齎す者・ヴィズヤをプレイすれば、体力2の相手のリーダーにカプセルホムンクルスが2点ダメージを与えるため、ゲームに勝利できる。

もしもディメンションドミネーターの進化効果を付与できなかった場合は、10ターン目に登場する《世界》・ゼルガネイアと破壊を齎す者・ヴィズヤの能力を使ってOTKに持ち込みましょう。

キーカード

カプセルホムンクルス

カプセルホムンクルスは、ターン終了時の残りPPを参照して能力を発動させるフォロワーです。

バーンダメージを与える能力の他にも、自分のリーダーを回復させる能力を持っていますから、アグロやバーンタイプのデッキを相手にする時にも頼もしい一枚でしょう。


ディメンションドミネーター

ディメンションドミネーターは、PPを操作する能力をカードやリーダーに付与することができます。
余剰PPを利用して何らかの効果を発動させるギミックと相性が良いカードで、テクニカルなゲーム運びを好むプレイヤーに人気です。


ラグナアウェイク

ラグナアウェイクは、エンハンスで使用することで3種類のトークンカードを生み出せるカードです。
今回のコンボで使用する「破壊を齎す者・ヴィズヤ」は、そのトークンカードの中の1枚です。

本デッキでは、破壊を齎す者・ヴィズヤをいかに早い段階で手に入れるかが勝負の鍵となります。
後攻の時は「ラミエル」でPPブーストをし、1ターンでも早くこのカードを手に入れましょう。

 

日々変化するゲーム環境に大注目!

ナーフの影響により、進化ロイヤルの台頭が起きたり、グレモリーネクロには新型が現れるなどゲーム環境に大きな変化が生まれています。
特に、RAGEプレーオフトーナメントにおいて大活躍を果たしたコントロールネメシスは、使用者が増え続けており目が離せません。

ゲームバランスの変更がもたらす新たなデッキの躍進は、カードゲームの大きな醍醐味です。
今後も日々変化していくゲーム環境に注目し、より強いデッキを模索していきましょう。

 

公式HP:https://shadowverse.jp

CATEGORY