Call of Duty

【Call of Duty:Warzone】脱・初心者! おすすめのアサルトライフルと立ち回り講座

池田勇斗 / 2020.11.20




「アサルトライフルについての役割などの基本的な知識が知りたい。」
「初心者向けのアサルトライフルを教えてほしい。」
「どうしたらアサルトライフルを上手く扱えるようになるのか知りたい。」

上記のようなお悩みにお答えしていきます。

本記事では、アサルトライフルに関する基礎知識から効果的な練習方法などについて初心者向けに解説していきます。
練習方法や意識するべきことに関しては、熟練度に関係なくすべてのプレイヤーに共通して参考になると自負しておりますので、中級者以上の方もぜひご参考ください。

CoD歴8年の筆者が、アサルトライフルについて詳しく解説していきます。
今回ご紹介する内容には、他のCoD作品で応用できるものも含まれていますので、主に他のCoD作品をプレイしている方でもぜひ参考にしてください。


関連記事

【Call of Duty】スナイパーライフル講座:効果的な練習方法や意識すべきことを徹底解説!

 

アサルトライフルの基礎知識

『Call of Duty:Warzone』には、13種類のアサルトライフルが存在します。
それぞれ違った特徴があり、それによって別の適した使い方があります。

例えば、「ODEN」は連射性が低い代わりに一発の威力が高いため、近距離での運用やエイム力に自信がある方に向いているアサルトライフルです。
一方、「FN FAL」は、セミオートである代わりに連射性に優れるため安定性を求める方に向いています。

このように、アサルトライフルといっても一つ一つ違った特性を持っているので、自分自身のプレイスタイルに合うものを選ぶと良いでしょう。
どの銃も一長一短ありますので、一通り触れてみてから選ぶことをお勧めします。

 

初心者におすすめのアサルトライフル

リコイルコントロールは慣れるまで時間がかかりますので、反動が小さく安定性に優れているものが初心者には向いているといえます。
もしくは、距離感などを深く考えなくてもある程度戦える万能型のものがおすすめです。

それらを加味して、「Call of Duty:Warzone」で最もおすすめのアサルトライフルは「KILO」です。

「KILO」は低威力ですが、連射性に優れたアサルトライフルです。
反動が弱く制御しやすいので、中距離での戦闘に優れています。
誰でも扱いやすい点から、初心者向けのアサルトライフルといえます。

初心者向けに「KILO」をおすすめしましたが、勿論練習する銃はどのアサルトライフルでも問題ありません。

私自身、はじめに練習した銃は見た目や銃声が好みだったという理由から選びました。
CoDの銃はすべて十分に戦うことが出来る水準となっているので、自分の好き嫌いで選んでも全く問題ないのです。

ただ、反動の大きさや戦う距離感などを考えると、初心者の方におすすめなのが難しく考える必要のない万能型の「KILO」だということです。

全てのアサルトライフルに一通り触れてみて、自分の好みのものが見つかったらそれを重点的に練習していくのが一番おすすめです。

 

効果的な練習方法

アサルトライフルの効果的な練習方法を、Warzoneとマルチプレイにわけてご紹介します。
どちらでも、十分に練習できますのでWarzoneしかプレイしていない方でもご安心ください!

Warzoneでの練習方法

『Call of Duty:Warzone』で、アサルトライフルを練習する場合は「PLUNDER」で積極的に戦闘に絡んでいくことをお勧めします。
詳しく解説します!

「PLUNDER」とは、キャッシュを制限時間内に100万ドル集め、回収地点に運んだチームが勝利するというゲームモードです。

キャッシュは、敵を倒すことでドロップしたり、契約を成功させることなどで入手できます。

また、「PLUNDER」ではリスポーンが無限となっている上に、スポーン時に自分が設計したロードアウトを選択することが出来ます。

このような特徴から、練習を行う場所として非常に有用となっています。
前述した通り、敵を倒すことでもキャッシュを得られますので、ぜひ積極的に戦闘を行い自分が選んだアサルトライフルに慣れていってください!

戦闘を繰り返すうちに、その武器に合った距離感が分かり、エイム力や遮蔽意識が上達していきます。
上手くなるには時間がかかりますので、焦らず気長に楽しみながら成長していきましょう!

マルチプレイでの練習方法

「マルチプレイ」で、アサルトライフルの練習をする場合は、「TDMやDOMなどリスポーン制限のないゲームモード」を選択し練習すると良いでしょう。
詳しく解説します!

Warzoneでの練習方法でご紹介した方法と同じで、練習するには数をこなしていくことが結局は近道となります。
なぜなら、改善点ばかり考えて行動しないのでは上手くならないからです。
上手くなるためには、考えながらプレイすることが大切なのです。

そのため、リスポーン制限のないゲームモードを選択し、戦闘を繰り返していきましょう。
戦闘において意識するべきことは、下記のアサルトライフルを使うときに意識すべきことにてご紹介しているので、ぜひご覧ください!

ご紹介した内容を、常に意識して行動し練習を繰り返すことで、必ずアサルトライフルの扱いが上達していきます。
上達する過程も楽しんでプレイしていきましょう!

 

アサルトライフルを使うときに意識すべきこと

アサルトライフルを使うときに意識すべきことを、Warzoneとマルチプレイに分けてご紹介します。
ゲームモードによって意識することも違ってきますので、その理由と共に詳しく解説します。

Warzoneの場合

Warzoneでアサルトライフルを使うときに強く意識すべきことは「遮蔽」と「周囲の構造」についてです。

Warzoneは広大なマップで戦闘を行うバトルロイヤルゲームです。
1キルの重みがPLUNDERなどのリスありゲームモードとは全く異なります。

気を抜くと、遠距離からスナイパーに倒されてしまったり後ろから攻撃されたりしてしまいます。

そのため、遮蔽意識や周囲の構造の理解度が大切になります。

遮蔽意識とは、スナイパーに倒されないよう、自分の立ち位置はどこから射線が通っているのか常に意識することです。

構造理解とは、例えば自分が建物の屋上をとっている場合、敵が来るとしたら屋上への階段とはしごの2つだけだという知識のことです

Warzoneのマップは広大で、撃ち合いの距離感はアサルトライフルの距離感が多くなるため、これらを意識するだけで他のどの銃よりも活躍できます。
遮蔽意識と構造理解を極めて、Warzoneで大活躍しましょう!

マルチプレイの場合

マルチプレイでアサルトライフルを使うときに意識すべき点は、スコアストリークの入手と前線意識です。

まず前提として、アサルトライフル使いはサブマシンガンなどの最前線を駆け巡るプレイヤーより後ろで戦うことが多くなります。
そのため、倒されないよう立ち回ることも比較的容易といえます。

そして、スコアストリークの中には、傾いた戦況を覆すことができる可能性を秘めているものもあります。
そこで、アサルトライフルを使う場合は、保険としてなるべくチームに貢献できるスコアストリークの入手を意識しておくことが重要です。

次に、前線意識についてです。

良くある試合展開として、サブマシンガンなどの近距離武器を持ったプレイヤーが前線を上げて、アサルトライフルを持ったプレイヤーがそれを援護し、相手の前線を抑えることで完封するものがあります。

アサルトライフル持ちは、近距離武器持ちのプレイヤーが壊滅したときに敵の前線を抑える役目と、前線を押している味方に付いて行って敵の動きを封じる役目があるのです。

そのような理由から、アサルトライフルを使う際には戦況を理解して今の前線がどこにあるのか意識しておくことが大切です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
本記事では、アサルトライフルの効果的な練習方法や基礎知識をご紹介しました。

初心者の方は、本記事でご紹介した点を意識して行動することで、今よりさらに味方に貢献できるようになれます。
アサルトライフルを使う際は是非ご参考ください!
本記事が、少しでもご参考になれば幸いです。

 

公式HP:https://www.callofduty.com/ja/warzone

CATEGORY