FIFA 21

【FIFA 21 攻略】最新版|FIFAプロ選手のフォーメーション&カスタム戦術を紹介!

新井秀平 / 2021.01.26




FIFAは新作発売時だけでなく、1年通してアップデートにより仕様が少しずつが変わっていくゲームです。

そのため、プレイヤー側も勝ち続けるためには仕様変更への対応が必須です。

そこで今回は、プロのFIFAプレイヤーが採用しているフォーメーション&戦術設定の中から、PS4とXbox Oneにて直近のFIFA21アップデートファイルが配信された12月10日以降に公開されたものに限定してご紹介します!

※選手指示は初期設定からから変更している部分のみ記載しています。

関連記事

【FIFA 21 攻略】FUTトップランカーフォーメーション&カスタム戦術まとめ

【FIFA 21 攻略】もう迷わない!初心者に1番おすすめのバランス型フォーメーション&戦術解説!

 

FIFA 19世界チャンピオン「MoAuba」選手のカスタム戦術

まずは「FIFA eWorld Cup 2019」で優勝した実績を持つドイツのトッププレイヤー『MoAuba』選手の戦術から。

FIFA21では「カスタム戦術」という機能で、フォーメーションと戦術設定のセットを4つまで設定でき、試合中に切り替えられるようになっていますが、MoAuba選手は自身のYouTube動画内で4つのフォーメーション&戦術設定をすべて公開されていたので、4つとも紹介していきたいと思います。

 

ゲームプラン①:超守備的

・フォーメーション:4-2-3-1

戦術設定

・守備のスタイル:バランス
・幅:5
・深さ:3
・攻撃のスタイル:バランス
・幅:5
・PAへの侵入:5
・コーナーキック:1
・フリーキック:1

選手指示

・ST:ディフェンスに戻る
・3CAM:ディフェンスに戻る、PA内でクロスに合わせる
・2CDM:攻撃時に上がらない、中央をカバー
・2SB:攻撃時に上がらない

 

ゲームプラン②:守備的

・フォーメーション:4-4-2

戦術設定

・守備のスタイル:バランス
・幅:5
・深さ:5
・攻撃のスタイル:バランス
・幅:5
・PAへの侵入:4
・コーナーキック:2
・フリーキック:2

選手指示

・2ST:ディフェンスに戻る
・2SM:PA内でクロスに合わせる
・左CM:中央をカバー
・右CM:攻撃時に上がらない、中央をカバー
・2SB:攻撃時に上がらない、オーバーラップ

 

ゲームプラン③:攻撃的

・フォーメーション:4-5-1(2)

戦術設定

・守備のスタイル:リトリート
・幅:5
・深さ:4
・攻撃のスタイル:バランス
・幅:5
・PAへの侵入:5
・コーナーキック:3
・フリーキック:3

選手指示

・ST:ディフェンスに戻る
・2SM:ディフェンスに戻る
・左右CM:攻撃時に上がらない
・中央CM:DFの間に落ちる、中央をカバー
・2SB:攻撃時に上がらない

 

ゲームプラン④:超攻撃的

・フォーメーション:4-2-3-1

戦術設定

・守備のスタイル:バランス
・幅:5
・深さ:7
・攻撃のスタイル:高速ビルドアップ
・幅:5
・PAへの侵入:7
・コーナーキック:5
・フリーキック:5

選手指示

・ST:中央に留まる、前線に張る
・3CAM:前線に張る
・2CDM:攻撃時に上がらない、中央をカバー
・2SB:攻撃時に上がらない

 

MoAuba選手のメインフォーメーション解説

MoAuba選手がメインで使用しているのは、守備的ゲームプランに設定している4-4-2のようです。

2人のCMのうち選手指示のアタックサポートを片方は「バランスオフェンス」、もう片方は「攻撃時に上がらない」に設定して役割分担させているのが特徴的。

守備の安定を図るためにダブルボランチはどちらも「攻撃時に上がらない」設定にしている方も多いなか、やや攻撃的な設定と言えますが、STを「ディフェンスに戻る」設定にしており、全体的にはバランスの取れた戦術設定となっています。

ちなみにMoAuba選手は「攻撃時に上がらない」右CMにはVieira、「バランスオフェンスの」左CMにはGullitを使用しているようです。

 

イングランド代表「Tom」選手のカスタム戦術

Tom選手は「FIFA eNations World Cup 2019」にイングランド代表として出場。

「ePremier League 2020」では優勝を果たした名実ともにイングランドを代表するトッププレイヤーです。

Tom選手もカスタム戦術で設定している4つのフォーメーション&戦術設定すべてを動画にて公開されていますので、すべて紹介していきます。

 

ゲームプラン①:超守備的

・フォーメーション:4-2-3-1

戦術設定

・守備のスタイル:バランス
・幅:4
・深さ:6
・攻撃のスタイル:バランス
・幅:4
・PAへの侵入:5
・コーナーキック:2
・フリーキック:2

選手指示

・ST:ターゲットマン
・左右CAM:ディフェンスに戻る、PA内でクロスに合わせる
・左CDM:パスカット、中央をカバー
・右CDM:パスカット、攻撃時に上がらない、中央をカバー
・2SB:攻撃時に上がらない

 

ゲームプラン②:守備的

・フォーメーション:5-2-1-2

戦術設定

・守備のスタイル:バランス
・幅:5
・深さ:6
・攻撃のスタイル:バランス
・幅:4
・PAへの侵入:5
・コーナーキック:2
・フリーキック:2

選手指示

・左ST:ワイドに開く、ターゲットマン
・右ST:ワイドに開く
・CAM:PA内でクロスに合わせる
・右CM:攻撃時に上がらない

 

ゲームプラン③:攻撃的

・フォーメーション:4-4-2(2)

戦術設定

・守備のスタイル:バランス
・幅:4
・深さ:4
・攻撃のスタイル:ロングボール
・幅:3
・PAへの侵入:5
・コーナーキック:2
・フリーキック:2

選手指示

・左ST:中央に留まる
・右ST:中央に留まる、ターゲットマン
・2SM:ディフェンスに戻る、PA内でクロスに合わせる
・左CDM:中央をカバー
・右CDM:攻撃時に上がらない、中央をカバー
・2SB:攻撃時に上がらない

 

ゲームプラン④:超攻撃的

・フォーメーション:4-2-2-2

戦術設定

・守備のスタイル:常時プレス
・幅:6
・深さ:8
・攻撃のスタイル:ロングボール
・幅:4
・PAへの侵入:7
・コーナーキック:5
・フリーキック:5

選手指示

・左ST:中央に留まる、ターゲットマン
・右ST:中央に留まる
・左右CAM:PA内でクロスに合わせる
・左CDM:前に行く
・2SB:攻撃参加

 

Tom選手のメインフォーメーション解説

Tom選手が主に使用しているフォーメーションはFIFAシリーズで定番の「4-2-3-1」。

MoAuba選手の4-4-2同様、ダブルボランチのアタックサポート設定を「バランスオフェンス」「攻撃時に上がらない」と別々にしています。

さらには両サイドのCAMを「ディフェンスに戻る」に設定しているのも特徴的。

今作は裏へのスルーパスが強力なので、ボールの出どころになりやすい相手のサイドバックにプレッシャーをかける狙いがあるようです。

また、STを「ターゲットマン」に設定しているのは、足元で受けてからターンするプレーを狙いたい意図があるとのこと。

そのためSTなど前線の選手にはできればスキル5(最低でもスキル4)の選手を推奨されています(Tom選手はスキル5を持つミッドアイコンのRonaldを使用)。

なお、試合中にチャンスを作るのが難しいと感じたときには、真ん中のCAMの選手を「ワイドに開く」設定にすることもあるようです。

 

まとめ

FIFAというゲームで勝つためには試合展開や対戦相手、ゲーム自体の仕様変更などさまざまな変化への対応が求められます。

そのためフォーメーションや戦術の細かい調整や使い分けも、勝負を分ける重要なポイントのひとつ。

今回の記事を参考にして、自分に合った戦い方を見つけてもらえたら幸いです!

 

関連記事

【FIFA 21 攻略】FUTトップランカーフォーメーション&カスタム戦術まとめ

【FIFA 21 攻略】もう迷わない!初心者に1番おすすめのバランス型フォーメーション&戦術解説!

 

FIFA 21公式サイト:https://www.ea.com/ja-jp/games/fifa/fifa-21

CATEGORY