鉄拳7

【鉄拳7 攻略】初心者必見! おすすめの勝ちやすいキャラクターを紹介します!

唐傘お化け / 2021.03.21




近年eスポーツの盛り上がりもあり、注目を集めている格闘ゲーム。

その中でも根強い人気を誇っている鉄拳7に興味を持ったプレイヤーも多いのではないでしょうか。

しかし動画で見てみると「キャラクターも多いし、コンボも難しそう」「今から始めても勝てないだろうな」と心配している方もいると思います。

今回の記事では、敷居が高いと感じているプレイヤーである格闘ゲーム初心者や鉄拳7初心者が勝ちやすいキャラクターを紹介致します!

記事の後半では、格闘ゲーム初心者が勝つために意識しておきたいポイントも用意しているのでぜひ最後まで見てください!

関連記事

【鉄拳7】大人気対戦格闘ゲーム『鉄拳7』の魅力を徹底解説!

 

キャラクターを紹介する前に知りたい「テンキー表記」の読み方

鉄拳7では、下の画像のように ⇨ や ➡ といった移動入力左パンチや右キックといった表記の通りにレバー(十字キー)やボタンを押すと技が出るようになっています。

しかし鉄拳7の攻略サイトでは、よく数字やアルファベットで技を表記しており、これを「テンキー表記」と呼びます。

レバーや十字キーの移動方向をキーボードの数字で表しているものです。

攻撃ボタンはそれぞれ

・右パンチ=RP
・左パンチ=LP
・右キック=RK
・左キック=LK
・右パンチ左パンチ同時押し=WP(RP+LP)
・右キック左キック同時押し=WK(RK+LK)

となっています。

上の「レイジドライブ」という技をテンキー表記で表すと

6n23LP+RK9

となります。

ぜひ覚えておきましょう!




 

鉄拳7で格闘ゲームデビューするなら『飛鳥』か『カタリーナ』がおすすめ!

鉄拳7は癖の強いキャラクターも多く、使いこなすのには時間がかかる場合があります。

その中でも飛鳥とカタリーナは初心者でも使いやすく、勝ちやすいので初心者の方におすすめです!

 

攻守のバランスに優れたおすすめキャラ『飛鳥』

飛鳥の技はコマンドが簡単なためコンボがしやすく扱いやすいキャラになっています。

相手が近づいてきそうな時は、4LK「竜車蹴り」で距離を取るように攻撃を置き、相手が「竜車」を警戒して近づいて来なくなったらガードさせて有利な66LP「鬼灯」で攻めましょう。

相手が苦しそうに技を空振り始めたら6RP「鬼殺し」を狙ってみましょう。

逆に相手に攻められて自分が苦しい時は2WK「紫雲二段蹴り」で流れを変えることができる場合があります。

こういった守りと攻めのサイクルが作りやすいのが飛鳥の特徴です。

 

守るより攻めたい!好戦的な人おすすめなのは『カタリーナ』

カタリーナは立ちガードが出来ない「下段」しゃがみガードができない「中段」で相手を攻め立てるのが得意なキャラクターです。

下段の1LK「スライドシュート」1RK「スリッピングテイル」でしゃがみガードするまで相手を転ばし続けることが出来ます。

下段がしゃがまれてガードされるようになってしまったら中段の9RKRK「ウィングカッター」66RK「プラヴァキック」で相手のガードを揺さぶりましょう。

相手が下段と中段の2択を怖がって固まってしまったら3WP投げ技でガードを崩しましょう。

圧倒的な攻め力で試合を支配したい初心者はカタリーナがおすすめです。




 

格ゲー経験あり!鉄拳7の操作に慣れるなら『クラウディオ』か『仁』!

「鉄拳7は初めてだけど格闘ゲームはやって事あるよ!」という方に向けたキャラクターは『クラウディオ』か『仁』がおすすめです。

上記の『飛鳥』と『カタリーナ』よりコマンド技が難しいですが、その分いろいろな状況に対応しやすい技が多く、格闘ゲーム経験者におすすめのキャラクターです!

 

試合中に技が変わる!?変則的なキャラクター『クラウディオ』

クラウディオは一部の技がヒットした場合「スターバースト」という特殊な状態に移行します。

この状態になると専用技が出せるようになり、コンボダメージや崩しが非常に強力になるため、如何に「スターバースト」になるかがとても大切です。

スターバースト状態になったら、中段である6WPWP「クロススレイブ」と下段の2RPRP「グラビティゾーン」で2択をかけていきましょう!

スターバースト状態になっていなくても、666RP「イラ」9RK「スカイエンドノヴァ」をはじめ、攻守ともに使いやすい技が多く揃っており、シンプルながら奥深いキャラクターになっています。

スターバースト技をどこで使うかを考える必要があり、少し難しいため、戦略的に試合を組み立てるのが好きな人はクラウディオを使ってみてはいかがでしょうか?

 

鉄拳7の主人公ポジション『仁』

仁は攻守ともに優れた正統派主人公キャラクターです。

難しいコマンドはそれなりにあるものの、強力な技が多く、あらゆる状況に対応しやすいため初心者から上級者まで使っている人の多いキャラクターです。

優秀なリーチを持つ6RK「前蹴り」623LK「唐竹蹴り」を置いておくことで相手を簡単に近づかせないよう意識したり、逆に近づいてLPRP「ワンツー」RPLP「逆ワンツー」で強制的に読みあいに持ち込めたりと、どの距離でも対応できる技が揃っています。

相手のキャラクターや距離に注意しながら戦う状況判断能力が必要なため、少し難易度の高いキャラクターではありますが、軍師のような戦い方が好きな人はぜひチャレンジしてみましょう!




 

初心者が勝つために気を付けたいポイント

鉄拳7をはじめとした格闘ゲームは対戦ゲームです。

画面の向こう側ではあなたと同じように人がコントローラーを持ってプレイしています。

そのため勝つだけではなく負けたりすることもあると思います。

そんな初心者が勝つためのポイントを1点だけ紹介します。

 

初心者向けのコンボをプラクティスモードで練習をしてみる

コンボは相手に連続技を当て、大きくダメージを与えるチャンスです。

ちょっとずつダメージを与えられてもコンボ1回でおつりが返ってくるので対戦の前に少し練習をしておきましょう。

試しに飛鳥の4LK「竜車蹴り」からのコンボを紹介します。

・4LKRKLK > RPLPWP > 66RPLP

はじめは動かない相手、CPU、対戦とランクアップしていけばそのうち画面を見なくても音だけでコンボできるようになれるかもしれません。




 

まとめ

勝ちやすいおすすめキャラクターとして「飛鳥」「カタリーナ」「クラウディオ」「仁」を紹介致しました。

鉄拳7はキャラクター毎に立ち回りや攻め方が変わってきます。

色々なキャラクターを触ってみて、あなたのお気に入りキャラクターを見つけてみましょう!

 

公式HP:https://www.tk7.tekken-official.jp

CATEGORY