VALORANT

【VALORANT 攻略】新エージェント『アストラ』登場!スキル・立ち回りを徹底解説!

井谷 穂高 / 2021.03.28




本編の前にRDX.press編集長おすすめの本当に面白いサッカーアプリを紹介します!

キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

伝説のサッカーアニメ「キャプテン翼」がスマホに登場!

 

本編はここから↓

パッチが変わり、Season2Act2になりました。

新エージェントの『アストラ』が追加されましたが、スキル構成が難しくて使っていない方も多いのではないでしょうか?

そんな人たちに必見! アストラを分かりやすく紹介します!!

関連記事

【VALORANT 攻略】トッププレイヤーが教える”おすすめエージェント”

【VALORANT 攻略】新エージェント『ヨル』のアビリティ・立ち回りを徹底解説!

 

新エージェント『アストラ』

アストラは、宇宙の力を使うガーナのエージェントです。

エージェントのタイプとしては、試合において危険な場所を封じて味方を動きやすくすることができるコントローラーです。

ダメージのスキルはなく、全てのスキルが相手の動きを止めることや視線を遮るスキルと、サポーティブなスキルセットになっており、センチネルに似たコントローラーです。

スキルの全てがマップの全位置に影響を及ぼせるため、マップ全体を見通す力や相手の動きを予測するチェスのような立ち回りが求められます。

ソロプレイの場合は、1つのサイトを1人で守りきるというような立ち回りがやりやすくなっていますが、扱いに慣れたり、味方との連携が上手く取れるような状況であれば、マップ全てに影響を及ぼし、味方をサポートするといった動きができるようになってきます。




 

アストラのスキル紹介

Fスキル:アストラルフォーム / ディシペイト

・価格:200クレジット
・クールタイム:0秒
・所持可能数:5個

使い方

Xキーで発動。

視点がマップを上から見下ろすようになり、射撃ボタンでスターを設置する。

スターは最大5個まで設置することができ、設置したスターにカーソルを合わせながらノヴァパルス、ネビュラ、グラビティウェルの各スキルを使用することによりアビリティーを使用することができる。

スターにカーソルを合わせてディシペイトを使用することにより、星を回収することができる。

また、スターが自身に戻ってくる間、スターが元あった位置に偽物のネビュラが発生する。

スターを回収したものは別の場所に設置することができる。

アストラルフォームを使用すると左のような視点になります。設置されたスターは右のように表示されます。


アストラルフォーム

アストラルフォーム中は頭上から見る視界を動かすことはできるものの、エージェントを操作することが出来ず、なおかつエージェントの体はマップに残り続けるので、無防備な体を晒すことになります。

その点を理解し、きちんと安全な場所でアストラルフォームを使いましょう。

設置したスターは、味方も敵も視認することが可能ですが、破壊することはできません。

なので、ネビュラのようにスモークを設置する時以外は、敵から見えやすい位置に設置しても相手に警戒されるので注意しましょう。

また、スターは1個200クレジットと高額になっているので、ラウンド終了時にできるだけ回収することを意識しましょう。

ディシペイト

ディシペイトを使うことにより、スターが戻る間偽物のネビュラを発生させることが出来ます。

これにより、偽物のネビュラと本物のネビュラを合わせることにより一時的ではあるものの最大4つのスモークを設置することができます。

しかし、スターは数秒で自分の元に戻ってくるので使用可能な時間はかなり限られています。

一部のマップにおける、一時的な安全の確保やスモークがクールダウンの時に役に立つことがあるかもしれません。

このように最大4個のスモークを設置できます。

 

Cスキル:グラビティウェル

・クールタイム:12秒
・同時使用可能数:1個

使い方

アストラルフォームでスターを設置し、スターにカーソルを合わせて使用すると、カーソルを合わせたスターからグラビティウェルが発動。

スキルが発動すると、範囲内のプレイヤーを中心に引き寄せたのちに爆発し、爆発を食らったプレイヤーに弱体化のデバフを与える。

周囲の敵を引き寄せている間は、周囲にいるエージェントに対してスローをかけ続けます。また、弱体化を付与されたエージェントは、敵から受けるダメージが2倍になります。

周囲のエージェントを引き寄せるので、効果が発動するまでに時間がかかる自身のノヴァパルスやキルジョイのナノスワームとの相性がよく、上手く組み合わされば周囲の敵を一網打尽にすることが可能です。

 

Qスキル:ノヴァパルス

・クールタイム:12秒
・同時使用可能数:1個

使い方

アストラルフォームでスターを設置し、スターにカーソルを合わせて使用することによりカーソルを合わせたスターからノヴァパルスが発動する。

スキルが発動すると、少しの間時間が空いてから爆発し、範囲内にいたすべてのプレイヤーをスタンさせる。

発動までに少し時間がかかるものの、範囲指定スタンという強力なスキルです。

相手の1箇所からのラッシュを防いだり、危険な場所を通る際に相手の進路を塞いだりといった様々な使い方が可能です。

スモークの中に設置することや、相手を上手く誘導することによって、発動に時間がかかるといったデメリットを解消することが出来ます。

また、このスキルは設置解除阻止に非常に役に立ちます。

スパイクを設置したあと、スターをスパイク周辺に設置しておき、スパイクを解除しようとする音が聞こえた時に使用すると、相手のスパイク解除を阻止することができます。

 

Eスキル:ネビュラ

・クールタイム:16秒
・同時使用可能数:2個

使い方

アストラルフォームでスターを設置し、スターにカーソルを合わせて使用することによりカーソルを合わせたスターをスモークに変化させる。

一度に2個しか設置できませんが、クールダウンがあがる度に5個のスモークを設置することができるという強みがあります。

設置されるスモークは、直径が8m程度、持続時間が16秒程度で、中身は空洞の構造になっています。

オーメンのダークカバーに酷似していますが、クールダウンが短いことや、発動までに時間がかからないこともあり、こちらのスキルの方が使い勝手は良いですが、1wayスモークを設置できる場所は少ないのでそこで差別化を計りましょう。

発動に時間がかかるノヴァパルスなどと組み合わせて使うと効果があがります。

 

Xスキル:コズミックディバイド

使い方

アストラルフォームで構えるボタンを押すことにより、地点を二か所指定する。

指定された二か所の地点の間に距離無限のコズミックディバイドを出現させる。

コズミックディバイドは30秒程度持続し、反対側の視界を全て塞ぐ。

コズミックディバイドは味方も敵も通り抜けることができるが、破壊されず味方と敵の銃弾を防ぎ、反対側の音を大幅にカットする。

銃弾を防ぎ、反対側の音を吸収しますが、投射物などのスキルは貫通してしまうのでそこは気をつけましょう。

スキルの仕様上、守りのラウンドや、スパイクをプラントしたあとの防衛時に役に立つことが多いです。

使用することにより、一方向全ての安全を得ることが出来る上、場所によっては、サイト内全てを完全に防御することが可能です。

しかし、スキルの性質上味方にも作用するので、使い方を誤ると味方を不利な状況に陥らせてしまったり、敵を助けてしまうことがあるので注意しましょう。

左のようなポーズをとります。壁は右のように展開されます。




 

アストラはプロでは使われるのか?

まだ公式大会での使用を確認していませんが、ユーティリティーの高さや、コミニケーションが正確に取れ、組織的に動いた場合の強さを考えると、使われる可能性はとても高いです。

他コントローラーとしては、オーメンのピック率が非常に高いですが、オーメンに対して、スモークの性能では勝っているものの、他の性能の面では競合する面が少ないので、キルジョイの代わりにピックされることが増えそうです。

 

公式HP:https://playvalorant.com/ja-jp/

CATEGORY