ウイイレアプリ2021

【ウイイレアプリ2021 攻略】覚えておくだけで点が取れる!最強攻撃パターンまとめ

RDX.press / 2021.08.16




本編の前にRDX.press編集長おすすめの本当に面白いサッカーアプリを紹介します!

キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

伝説のサッカーアニメ「キャプテン翼」がスマホに登場!

 

本編はここから↓

ウイイレアプリ2021において、

「思うように点を取ることができない」
「ボールを奪ってもすぐにパスカットされてしまう」
「シュートまでなかなか行けない」
「試合に負け続けてしまう」

など、なかなかゲームを楽しめていない人は多いのではないでしょうか。

全然勝てなくてついイライラしてしまったり、友達に負けてご飯を奢る羽目になってしまったり…それではゲームを十分に楽しめません。

では、多くの試合に勝ち、レートが高いプレイヤーは、どのような試合運びをしているのでしょうか。

実は、強いプレイヤーは「自分の得意な攻撃パターン」を複数持っていることが多いです。

つまり、「毎試合同じような得点の取り方をしている」ということです。

この記事では、読者の皆さんもそんな高レートプレイヤーの仲間入りができるように、「覚えておくだけで点が取れる!必殺攻撃パターン」を紹介していきます。

しっかりと覚えて、実践に活かしていきましょう。

関連記事
【ウイイレアプリ2021 攻略】おすすめの最強監督ランキングTOP10

 

最強攻撃パターン①:CFが相手CBを背負う→ターンしてシュート

1つ目は、CFがCBを背負ったのち、そのままターンしてシュートするという方法です。

「ターンはなんだか難しそう」と思うかもしれませんが、心配しなくて大丈夫です。

誰でも簡単にゴールを決めることができます。

ポイントは2つあります。

 

ポイント①

ボールを受けたCFは特別な工夫をせず、背負っている相手CBに突っ込んでいくようにドリブルをする

「そんなことをしたらすぐにボールを取られてしまうのでは?」と思うかもしれませんが、もちろんボールを取られてしまうことはあります。

しかし、筆者の体感としては、「2回に1回もしくはそれ以上の確率」でシュートまで持ち込むことができます(もちろん、使用しているCFの選手のステータスと相手CBとのステータスの差によって異なります)。

現実のサッカーの試合ではあり得ません。

そんな無謀なターンをする選手は交代させられてしまうでしょう。

しかし、ウイイレではこの方法で得点を重ねることが可能です。

 

ポイント②

ゴール前で、かつ相手CBを抜いたらすぐのシュートまでいける状態で使用する

「ゴール前」と限定しているのは、この方法はリスクを伴うため、リスク相応のチャンスを演出するためです。

また、ここでいう「相手CBを抜いたらすぐにシュートまでいける状態」とはどのような状態を指すのでしょうか。

具体的には、「相手のCB同士が横並びになっている状態」のことです。

相手のCBが横並びになっていない状態では、カバーに入られてしまうためにあまり効果的ではありません。

 

おすすめの選手

1番おすすめの選手は「カール ハインツ ルンメニゲ(IM)」です。

この選手は「ボールコントロール」「ドリブル」「ボールキープ」「フィジカルコンタクト」など、この攻撃方法を行うのに必要なステータスが軒並み高水準だからです。

筆者も非常にお世話になっています。

しかし、この選手を持っていない読者も多くいるかと思われるので、代わりになる選手を数名紹介しておきたいと思います。

・エーリング ホーランド(通常・FP)
・クリスティアーノ ロナウド(FP・IM)
・ロベルト レヴァンドフスキ(FP)
・キリアン ムバッペ(FP)
・カリム ベンゼマ(FP)

 

最強攻撃パターン②:「2列目からの飛び出し」を効果的に使う

2つ目は、「2列目からの飛び出し」のプレースタイルを持っている選手を効果的に使うことです。

このプレースタイルを持っている選手は、ここだ!というタイミングでディフェンスラインの裏に抜けるプレーをしてくれます。

そしてそこにスルーパスを通し、ゴールキーパーとの1対1に持ち込むことができます。

ポイントは2つあります。

 

ポイント①

「パスの出し手」にも気を使う

「2列目からの飛び出し」を効果的に使うためには、「パスの出し手」にも気を使う必要があります。

なぜなら、先ほど紹介した一つ目の攻撃パターンとは違い、この攻撃パターンでは連携を重視するためです。

「グラウンダーパス」「フライパス」の数値の高さや「ワンタッチパス」「スルーパス」「低弾道ロブ」「バックスピンロブ」のスキルを持っているかどうか、「グラウンダーパス+」「フライパス+」の長所を持っているかどうかなどを見て、自分の使用しやすい選手を選ぶと良いでしょう。

 

ポイント②

攻撃時には「2列目からの飛び出し」を持っている選手を常に視認しておく

これは、せっかく選手が良い動き出しをしていても、認識していなかったらうまく生かすことができないからです。

常に意識してプレーしていくうちに、どのような位置で、どのような状況でボールを持ったら「2列目からの飛び出し」を発動してくれるのかが肌感覚でわかってくるようになります。

 

おすすめの選手

プレースタイルが「2列目からの飛び出し」で、おすすめの選手を紹介していきます。

1番おすすめの選手は、「イニエスタ(IM)」です。

この選手は、ゴール前への飛び出しで決定的な仕事をしてくれるのはもちろんのこと、ドリブル・パス系のステータスが軒並み高いことが特徴です。

つまり、前線で溜めをつくって味方を生かすことも可能である、非常に万能なプレーヤーであると言えます。

「ダブルタッチ」のスキルも非常に使い勝手が良いです。

しかし、この選手を持っていない読者も多くいるかと思われるので、代わりになる選手を数名紹介しておきたいと思います。

・ヨハン クライフ(IM・レジェンド)
・カカ(IM)
・イニエスタ(IM)
・ブルーノ フェルナンデス(FP)
・カイ ハフェルツ(FP)

 

最強攻撃パターン③:縦のワンツーで相手CBを引き出す→ディフェンスラインの裏に抜ける

三つ目は、縦関係のワンツーを使って相手CBを引き出し、ディフェンスラインの裏に抜けるという方法です。

ポイントは2つあります。

 

ポイント①

相手CBを引き出せているかをしっかり確認する

この攻撃方法で大事なのは、相手CB間のギャップを狙うことです。

しっかりと引き出すことで、裏に広大なスペースが生まれます。

また、他のCBはディフェンスラインに残っているので、オフサイドになりにくいです。

 

ポイント②

スルーパスが引っかからないように注意する

完全な縦関係でグラウンダーのスルーパスを出そうとすると、引き出したCBに引っかかってしまうことが多いです。

そのため、少し角度をつけたり、フライスルーパスを使用したりするなどの工夫が必要です。

 

おすすめの選手

この攻撃パターンは「裏抜け」を大事とするので、「オフェンスセンス」や「スピード」「瞬発力」のステータスが高いことが重要です。

そこで、一番おすすめの選手は「キリアン ムバッペ(通常・FP)」です。

この選手は、上記のステータスが軒並み高いことはもちろんのこと、「ダブルタッチ」「ライジングシュート」などの有用なスキルも持ち合わせています。

また、プレースタイルも「ラインブレイカー」なので、その他の場面でもディフェンスラインの裏に抜ける動きをしてくれるでしょう。

しかし、この選手を持っていない読者も多くいるかと思われるので、代わりになる選手を数名紹介しておきたいと思います。

・カール ハインツ ルンメニゲ(IM・レジェンド)
・マーカス ラッシュフォード(IM)
・フェルナンド トーレス(IM)
・ティモ ヴェルナー(FP)
・エーリング ホーランド(通常・FP)

 

まとめ

いかがでしたか?

これらの必殺攻撃パターンを使って読者の皆さんが得点を量産し、楽しくウイイレをプレイできることを願っています!

CATEGORY